MENU

ドライアイに悩んでいる方必見!予防と対策方法

ドライアイに悩んでいる方は多くいます。スマホやパソコンなどを長時間している環境がドライアイを生み出していると考えられています。

 

目が異常に乾いた感じがすることがドライアイの特徴的な症状ですが、そのほかにも目に疲れが出やすい、目やにが出やすいなどもドライアイの症状です。ここではドライアイの予防や対策方法について説明します。

 

ドライアイ予防その@:目を酷使しない

ドライアイを予防するなら目を酷使しないことが大切です。そんなことを言ってもパソコンを日常的に長時間使うことが仕事なので、目の酷使は日常茶飯事だという方もいるでしょう。

 

長時間視線を一定の位置から動かさないことで目の疲れは増幅していきます。ドライアイの予防として、1時間おきに10分の休憩をいれると良いです。

 

10分間の休憩時に遠くを見たり、目の疲れを緩和するためにマッサージをすることもドライアイの予防につながります。

 

ドライアイ予防そのA:目の負担を減らす工夫をする

目の疲れを少しでも改善できるような対策をとりましょう。パソコンを長時間する環境にある場合、ブルーライトカットメガネを使って少しでも目の疲れを緩和させるのです。

 

パソコンの明るさも調節しましょう。画面が明るすぎると目の疲れが多く出てしまいます。画面の明るさを少し下げるだけでも目の疲れ具合が違うため、ドライアイ予防となります。

 

パソコンの角度と目の位置関係もドライアイ予防には重要です。目とディスプレイは40〜50cm離れていることがベストだと言われています。この距離感が一番目の疲れが低くなるためです。

 

ドライアイ予防そのB:乾燥を防ぐ

ドライアイ予防のためには乾燥を防ぐことが大切です。パソコンやスマホなどを長時間利用していると集中しすぎて、まばたきをすることを忘れてしまいます。まばたきをしなければ、乾燥が進みドライアイになってしまうため、予防のためにもまばたきをすることを念頭に入れておきましょう。

 

ドライアイ予防のため乾燥をしないようにするためには、加湿器を使用することもおすすめです。部屋全体に湿度をある程度保っていればまばたきの回数が少なくても乾燥が進まないため、ドライアイ予防につながります。

 

ドライアイ予防のためには室内の湿度は60%程度がおすすめです。あまり湿度が高すぎると今度は部屋全体がじっとりしてカビが生えやすくなってしまうので注意してください。

 

まばたきをすることを忘れてしまう、加湿器も使えない状況の場合、ドライアイ予防に目薬を使いましょう。ドライアイ予防と記された目薬をドラッグストアでは販売しています。爽快なタイプや潤いが多いタイプなどいろいろ販売されています。ドライアイに特化した商品なのでおすすめです。

 

ドライアイ予防のために乾燥を防ぎたいのであれば、エアコンの送風口付近でパソコンやスマホを利用しないことも大切です。エアコンの送風口付近にいると乾燥した風が目に当たるので乾燥が進みドライアイになってしまいます。

 

ドライアイを予防するためにはエアコン付近に席をとらないことが大切です。

 

ドライアイ予防そのC:夜遅くまでパソコン作業をしない

長時間のパソコン作業をしても休憩を1時間ごとに10分入れるとドライアイ予防になるとは言うものの、あまりに長時間のパソコン作業はおすすめできません。

 

いくら休憩を入れても長時間の作業になれば目を酷使していますし、乾燥も進んでしまいます。ドライアイの予防のためにはパソコンやスマホなどを見ない時間がある程度必要です。

 

夜遅くまでパソコン作業をして次の日も朝からパソコン作業では1日の大部分、目を酷使していることになってしまいます。ある程度時間を決めて作業を行うことでドライアイを予防していきましょう。

 

ルテインサプリ紹介