MENU

乾燥する季節は特にドライアイになりやすいのです

ドライアイ

朝、目がさめたら、なんだか目がゴロゴロするな、というような思いをした人は多いと思います。ドライアイになると、目にゴミが入ったような違和感を感じるものです。

 

ドライアイに対してどのような処置が取られるのか考えてみましょう。

 

違和感を感じる

乾燥する季節には特にドライアイになることがあります。すぐに涙目になったりすることもその症状の一つと言えます。目にゴミが入ったような感じがして、目がゴロゴロするというのはとても不快なものです。

 

そうして、眼科を受診したらドライアイだと診断され、角膜に傷が入っていると言われることが多いのです。目が乾いた感じがしたり、見えにくくなったり、目がしょぼしょぼするような症状があったらドライアイだと言えます。

 

涙が足りなくなると、目の表面が乾いて違和感を感じて、角膜に傷がつくことがあります。

 

目の状態に問題があることは?

パソコンやスマホをじっと見つめていると、まばたきの回数が減って、目が乾きやすくなります。生活習慣でもドライアイを引き起こすことがあるのです。まぶたの裏には目を保護する油を出すところがあって、まばたきをすると、目の表面に油が行きわたって目を乾燥から守る働きをします。

 

しかし、まばたきの回数が減ると、その保護する油が目に行き渡らなくなって、目が乾いてしまうのです。

 

眠っている間のまぶたの状態に原因がある場合があります

眠っている間にまぶたが完全に閉じず、半開きになっていて、その間に目の表面が乾いてしまうことがあります。眼科で角膜に傷が入っていることがわかって、その傷が目の下の方に集まっている場合は、特にその原因が疑われます。

 

目の半開きで眠っているような場合には、タリビットなどの軟膏を寝る前に目の中に塗って目を保護するようにするといいです。眠っている間に角膜を傷つける可能性があるので、潤滑油のような働きとシールドの働きをするので、この軟膏を塗ることはかなり有効です。

 

コンタクトレンズをつけると乾きやすくなります

コンタクトレンズを装着するとドライアイになりやすくなります。普通、ドライアイではない人でもコンタクトレンズを装着したらドライアイになる人は多いものです。

 

視力矯正だけでなく、最近はおしゃれの一環としてカラーコンタクトレンズなどを装着する人がいますが、そういう人もドライアイになる可能性がとても高くなります。

 

ドライアイには目薬をさします

ヒアルロン酸などが配合された目薬がドライアイには効果があります。1日に3?4回さすようにして目を乾燥から守ることが大事です。パソコンやスマホを使っている人は、定期的に目を休めるように習慣づけることが大切です。

 

そして、できるだけまばたきの回数を増やすようにすることです。まばたきが多くなれば、潤滑油のような油がまぶたの裏側から出て、目を保護するのでドライアイにはとても有効で、まばたきの回数を増やすだけでもドライアイの症状を軽くすることができます。

 

ルテインサプリ紹介