MENU

目がゴロゴロしたり、充血するのはドライアイかも?

ドライアイ

目が乾くなどの不快感を感じたりする事はないでしょうか。目が乾くとゴロゴロしたり、異物感を感じます。その目の不快感は、もしかすとドライアイの症状かもしれません。

 

ドライアイの患者数は2,200万人とも言われています。ドライアイと気付いていなくても目に不快感を感じたら、ドライアイを疑ってみると良いかもしれません。

 

ドライアイは何故起こる?

ドライアイとはそもそも涙の量が少なかったり、涙が目の表面に均等に行き渡らなかったりして、目の表面に傷がついてしまう病気です。そして、その原因として挙げられるのが、携帯やスマホ、パソコン、テレビの画面を長時間見過ぎることにあります。

 

画面を見続けている時は目を酷使しています。瞬きの回数も減るので、涙の量も減り、目の表面には傷がつきやすくなります。

 

また、コンタクトレンズの使用は目の乾燥を引き起こします。コンタクトをしている時にゴロゴロした感触がある場合、ドライアイになっている可能性が高いです。また、コンタクトを入れて充血する場合もドライアイが疑われます。

 

その他にも、加齢による涙の分泌量の低下、長時間運転する職業の人、オフィスワークでエアコンの効いた部屋に一日中いて、パソコンを見続けている人、レーシック手術を受けた人などもドライアイになりやすい傾向にあります。

 

ドライアイに効果的な対策法

コンタクトレンズを使っている場合、どうしてもドライアイになりやすいのですが、乾燥を感じたら、目薬を使用して保湿します。目薬をすると不足している涙を補ってくれるのですが、目薬はし過ぎても良くありません。目薬をし過ぎると、涙の量が減ってしまい、ドライアイが逆に進行してしまう場合があります。

 

あまりにドライアイが気になる時は、コンタクトをやめ、メガネをかける日を作るようにします。

 

エアコンの効いてる部屋では、加湿器を使ったり、パソコンや携帯の見過ぎには注意をします。画面を見続けたら、1時間に10分程度の休憩をとるようにします。目を酷使したら、瞬きをする回数を意識的に増やして、涙で目の表面を潤うようにします。

 

パソコンの画面は目の高さよりも下に置きます。椅子の高や照明にも拘り、目が疲れないような環境を作ります。

 

 

眼科で受ける診察内容とは?

ドライアイかな?と思ったら、眼科で問診を受け、原因を探ります。涙の質を調べる為には、BUT(BreakUpTime)検査を行います。目を開き、目の表面にある涙の幕が5秒以下で破壊されたら、ドライアイの可能性が疑われます。

 

シルマー検査では涙の量を調べます。試験紙を目の端に挿入し、涙で濡た量が5mm以下であるならば、ドライアイが疑われます。

 

ドライアイと診断されたら、点眼薬が処方されます。一般的に処方されているのはヒアレイン点眼薬で、角膜上皮障害治療薬になります。ヒアレイン(ヒアルロン酸ナトリウム)には粘性があるので、保湿効果があります。

 

また、ムチンや水分を分泌させる、ジクアホソルナトリウムもあります。ジクアソホルナトリウムは角膜の傷の修復とドライアイの症状を改善してくれます。

 

ルテインサプリ紹介