MENU

ドライアイと視力低下の関係性について

ドライアイと視力低下

あなたはドライアイになったことがありますか?自動車の運転中やパソコンを多く使う現代社会で、ドライアイになってしまう人は増えています。ドライアイは目に様々なトラブルを引き起こす元凶になっています。

 

ドライアイで視力が低下することもあります。今回はドライアイと視力の低下の関係性についてお伝えしたいと思います。

 

ドライアイとは何か?

ドライアイとは、通常目を保護してくれているはずの涙の分泌が少なくなり、目が乾燥してしまう状態になることです。

 

目は涙が足りなくて乾燥すると、疲れを感じることがあります。ドライアイの症状が悪化して重症化すると、角膜を傷つけてしまったり、激しい痛みを伴う炎症へ繋がります。一時的に目がかすみ、視力の低下を引き起こすのです。

 

ドライアイはどんなときになりやすいのか?

ドライアイは瞬きが少なくなることで引き起こされます。自動車の運転やパソコンを使うとき、スマホの画面に集中していると、瞬きをすることを忘れてしまいます。こうした状況が多い人ほど、ドライアイになりやすくなります。

 

ドライアイになりやすい環境というものがあります。オフィスなどの密閉された空間でエアコンを使っていると、部屋の湿度が減少して乾燥しやすい空気になります。長時間そうしたオフィスで働くと、ドライアイになりやすいです。

 

コンタクトレンズを使うとドライアイになりやすい

視力が低い人はコンタクトレンズを使う人もいるでしょう。コンタクトレンズを使うと、視界がクリアに見えて仕事などの作業をするのに便利ですよね。コンタクトレンズは目を覆うことになるため、目が乾燥しやすくなります。コンタクトレンズを使用している人はドライアイになりやすい傾向にあります。

 

ドライアイでコンタクトを使用している人は、一時的にですが視力の低下を招くことがあります。コンタクトレンズは長時間装着しないようにしましょう。また、自分の目に合っていないコンタクトレンズを使用しないようにしましょう。

 

ドライアイの視力低下を防ぐ方法とは?

ドライアイによる視力の低下は、ドライアイを治療することで改善されます。ドライアイになる患者も増えているので、眼科で診察をしてもらいましょう。ドライアイを改善するためには、ヒアルロン酸目薬など、目を十分潤わせる必要があります。乾燥をさせないようにすることが大切です。

 

コンタクトレンズを使用している人は、コンタクトレンズを長時間使用しないことと、目の乾燥を防ぐ効果があるコンタクトレンズを使用しましょう。コンタクトレンズの装着液を使うことも有効です。部屋が乾燥している場合は、加湿器を使うようにしましょう。加湿器から出る蒸気により、部屋の湿度が上がります。加湿器が無い場合は、濡らしたタオルを絞って椅子にかけておくだけでも効果があります。

 

ドライアイによる視力の低下を防ぐ方法はたくさんあるので、色々試してみてください。ドライアイを改善出来れば視力の低下を防ぐことに繋がりますし、目の疲れも取れるでしょう。

 

ルテインサプリ紹介