MENU

眼精疲労の治し方まとめ!眼精疲労の治し方の種類が丸解かり!

眼精疲労の症状とは、単に視認しているのみで、疲れや痛みが目に生じてしまうことを指します。自動車の運転や読書などを長時間行った際に、目が疲れることがあるのですが、これは眼精疲労ではなく、疲れ目に該当します。

 

眼精疲労とは疲れ目とは異なり、程度が重いもので、単なる疲労に起因したものではなく、頭痛や吐き気などといったように目とは無関係の場所にも症状が出現することもあることが特徴です。

 

現代人は目を酷使していることから、眼精疲労に至っている人は増加傾向にあります。そうしたことから、当記事では眼精疲労の治し方について解説していきます。

 

PCやスマホは長時間の仕様は避け、休息をこまめに入れる

眼精疲労の最大の要因は目の酷使にあります。スマホが相当普及している近時においては、スマホが片時も手放せないという人も多く、これによって睡眠を阻害してしまう場合もあるほどです。

 

パソコンやスマホが目に影響を及ぼす理由としては、テレビを視聴する場合と比較すると、明らかに画面との距離が近いことにあるでしょう。そして、作業に集中するあまりにまばたきの頻度が減少していき、ドライアイを併発させてしまうことも懸念されます。

 

このような作業を長時間続けていては、目の筋肉の運動にバリエーションがなくなることによって、目の血流についても悪化する一方です。

 

長時間パソコンやスマホの画面を閲覧することによって、眼精疲労の症状はさらに悪くなる一方です。そのために、なるべく使用は控えるようにしたほうが良いです。勤務中であれば、トイレに赴いたり、パソコンを使わない作業をするなどしましょう。

 

さらには、スマホやパソコンには、ブルーライトが存在するのですが、テレビであれば、離れてみることが多いものの、スマホやパソコンの場合にはあまりにも近距離で閲覧することがほとんどです。そのため、テレビと比較すれば明らかにブルーライトを浴びやすくなっているのです。このような点からしてもブルーライト対策を入念に行うことが重要なのです。

 

そして、ブルーライトをカットしてくれるものを画面に装着するか、あるいはブルーライトを除去する効果のあるサングラスや眼鏡などを用いると軽減につながります。

 

充分な睡眠

眼精疲労と睡眠とは密接なかかわり合いがあるとされています。時間ではなく、眠りの深さが重要であって、血流の改善により目に不可欠な栄養素や酸素が行き渡るのです。

 

目の周囲を温めるか、冷却する

まぶたの上からレンジで温めた蒸しタオルをかけることによって、血流を改善させていき、凝りをほぐすことができるのです。蒸しタオルのみならず、温かいアイマスクもあるために、用いてみると良いでしょう。もし道具を用意することが難しい状況にある場合、単に手のひらを用いても眼精疲労の改善には期待できるのです。

 

しかし、充血していたり、何らかの要因で痛みがある際には、温めることはせず冷却したほうがよいです。

 

そして、温めたり冷やしたりする分には構いませんが、圧力を生じさせるようなことをすれば、眼圧について悪影響を及ぼし、緑内障を生じさせたり悪化させてしまう恐れがあることから、アイマスクや蒸しタオルなどを用いる際は重量が軽いものを選択するようにしなければなりません。手のひらで温める場合であっても同様に圧力をかけないように行いましょう。

 

目薬を用いる

眼精疲労の程度に照らして、適宜目薬をさすとよいでしょう。

 

体操を行う

事前にウォーミングアップとして、まばたきをしておきます。そして、顔は正面に向いたまま、目のみを右側に動かし元に戻します。その次は同様の要領で左側に動かします。これを上下にも行います。

 

時間があれば、斜め方向4箇所についても行いましょう。この体操の間にまばたきをしても良いです。

 

ツボ

眼精疲労に効果があるとされているツボもあるようです。まず、「太陽」と呼ばれるこめかみに相当する箇所、「晴明」と呼ばれる目頭に相当する箇所、「天柱」と呼ばれる首の後ろに存在するもの、「承泣」と呼ばれる目の中央の下部に存在するものが眼精疲労に効果があるようですね。

 

栄養素の摂取

目の粘膜を保護してくれるビタミンAに加えて、視神経の作用を活性化させるビタミンB1などの栄養素を積極的に摂取してみましょう。食事での摂取も悪くはないですが、眼精疲労サプリで摂取すれば、とても効率的ですよ。

 

⇒ルテインサプリメントはこちら