MENU

ルテインは目の疲れに良い?

目の疲れ

パソコンやスマートフォンなど電子機器を使用することが多くなった現代、子供から大人まで眼を酷使することが多くなってきました。昔から緑のものを見れば良いだとか、遠くを見て眼を休めればいいといったことが良く言われています。

 

確かに、多少は効果があるかもしれませんが、もっと科学的に効果がある方法で目の疲れを解消することを求めている人が多いのでは無いでしょうか。今回は目の疲れを解消すると言われているルテインについて解説していきたいと思います。

 

ルテインとは?

まず、ルテインとはどのような物質なのでしょうか。ルテインとはブロッコリーやホウレンソウなどの緑黄色野菜に含まれる成分で、カロテノイドの一種です。もともと目の中の水晶体や黄斑部などに含まれている成分で、強い抗酸化作用を持つと言われています。

 

人間がものを見るときは、網膜で光を電気信号へ変換し、脳へ伝えることで映像として認識することができます。その為、網膜は常に光によるダメージを受けており、負担がかかっています。

 

特に紫外線などは特に刺激が強い為、眼を保護するような成分が必要になります。網膜の保護や、目の疲れを解消する為に必要な成分こそがルテインという色素成分というわけです。

 

ルテインが不足すると

それでは、ルテインが不足するとどのような危険が考えられるのでしょうか。ルテインは、40歳前後から徐々に減少すると言われています。ルテインが不足すると、目の酸化が進んでしまい、疲れ眼やドライアイになりやすくなります。さらに、そのような目を酷使する状態が続いてしまうと、白内障や緑内障などの目の病気を引き起こす可能性もあるとされています。

 

 

ルテインを摂取する方法

ルテインが目の疲れの解消や目を保護する為に有効な成分であるということは分かりましたが、気になるのはどのように摂取するかです。ルテインは、人間の体の中で作り出すことはできない成分である為、食事などで摂取する必要があります。

 

ルテインを目の病気の予防や、紫外線などの外部刺激からの保護を目的として摂取する場合、1日あたり約6mg?12mg必要と言われています。日常の食生活で摂取することが可能な成分であり、前述した通り緑黄色野菜に多く含まれています。

 

例えば、ホウレンソウの場合には、60gほどで1日に必要な量を摂取することができます。しかし、加熱調理など調理により損失してしまう可能性もある為、実際には少し多めに摂るように心掛ける必要があるでしょう。

 

しかし、毎日必要な摂取量を食事から摂ることは難しいという人も多いと思います。最近は、サプリでも販売されている為、必要な量を簡単にかつ確実に摂取することが可能になっています。

 

⇒ルテインサプリのランキング

 

仕事上、パソコンを使用する頻度が多い人など、目の疲れを感じやすい人などは、サプリを利用することで確実に必要量を摂取することも目の保養の為には必要なことかもしれません。

 

ルテインサプリ紹介