MENU

眼精疲労は冷やすと温めるで回復具合がぜんぜん違う

眼精疲労

眼精疲労を感じている場合は、なるべく対策を取りながらより安定させられるような状況を作りたいものです。実は回復させるために必要な要素として、冷やすと温めるの2つがあります。

 

冷やす場合は瞬間的に神経の痛みなどを回復させることが出来て、温める場合は疲労をじっくりと抜くような感じです。どちらがいいのかは状況によって変わりますが、ある方法が症状改善には有効です。

 

眼精疲労対策:冷やす場合

眼精疲労

目を冷やす方法で眼精疲労を抜く場合は、神経の部分の疲労を取り除くようにして、その部分にかかっている痛みなどを取り除くことが出来ます。

 

よく冷却シートのようなものが販売されていますが、これを使うことで目の周りの神経をしっかり冷やして、痛みが出ているところを改善できるようになります。

 

他には熱を下げる効果を持っているシートをおでこに貼ることで、疲労回復を図ることも出来ます。

 

この方法は根本的な疲労を回復させることが難しくなっていて、一時的に回復させる効果になります。ちょっとだけ元通りになったと思ったら、普通に仕事をしていると徐々に目の疲れを感じるようになってしまいます。

 

冷やす場合は充血しているなどの要素を踏まえて行うことが大事ですが、長時間効果を得られない可能性もあります。

 

眼精疲労対策:温める場合

目を温める

一方で暖める方法を利用することは、ゆっくりと疲労を抜くことが出来ますので、急激に効果を得ることは出来ません。

 

とにかく時間をかけて眼精疲労を改善することを狙いますので、その後更なるケアをしておかないと疲労回復の効果を狙えないこともあります。

 

ただ疲労を完全に抜くことができることは大きなことで、ある程度ゆっくりと寝ているような状況を作っておくことが出来れば改善できるようになります。

 

ただ充血している時に行うのは注意が必要です。

 

温めてしまうとより充血する可能性があり、目薬を使わないと充血が抑えられない可能性もあります。冷やす場合は充血することが殆どありませんから、安心して行えるのはいいですが、温める場合はより充血にも気を配ることが必要です。

 

また火傷の可能性もありますので、あまり熱いようなタオルをおかないようにして、適温のものを利用してください。

 

状況によって冷やす方法と温める方法を使い分ける

使い分け

どちらの方法も症状に応じて使っていくことになりますが、眼精疲労を感じることが多い場合は、まず温める方法を活用してください

 

これだけでも違いを感じることが出来て、終わった後は少し改善しているような気配があります。繰り返しているとどんどん眼精疲労を抑えることが出来ます。

 

どうしても目が重くなってしまい、これ以上痛みに耐えることが出来ないなら、冷やして改善することを狙います。

 

一時的に回復する効果を持つだけでなく、温める場合よりも神経の痛みを抑えることができる要素を持っていますので、あまりにも耐えられないような状況なら冷やしたほうが安心です。

 

眼精疲労のサプリがオススメ!

また日々のアイケアには、眼精疲労サプリが欠かせません。目に良いとされるルテインやアントシアニンを豊富に補うには、サプリメントの利用が欠かせないからです。より目の健康を考える方に、おすすめです。

 

ルテインサプリ紹介