MENU

知っていると役立つ、眼精疲労の症状と原因、改善法

眼精疲労の症状

現代人は一日のうちでパソコンやスマホを使用する時間が長く、目を酷使する原因となっています。眼精疲労は誰でもなる可能性がある病気で、目の疲れから様々な不調を引き起こします。眼精疲労の原因と症状、改善法を知っておき、早い段階で改善できる様にしましょう。

 

眼精疲労とは

眼精疲労とは、目の疲れが原因となり、目だけではなく身体にも不調をきたす病気です。ただ目が疲れているだけだからと放置すると、日常生活にまで影響を及ぼす可能性があります。

 

眼精疲労の症状

「眼精疲労」と単なる「眼疲労」はどちらも目の疲れから来る症状ですので、同じものだと思う人も多くいます。しかしこの2つは症状の重さが全く違いますので混同しない様にしましょう。

 

「眼疲労」は、一時的なものであり、目が疲れても休息や睡眠を取ると解消されます。これに対して「眼精疲労」は、目の疲れだけではなく頭痛や肩こりなど身体の各部位に不調が表れるのです。これらの症状は治療をしたり対処法を行わないと慢性的に続き、自然治癒することは滅多にありません。

 

眼精疲労の代表的な症状には以下のものがあります。

 

目に表れる症状

  • 目がしみる感じがして、開けているのが辛い
  • 目の奥に鈍い重みを感じる
  • 目が充血して、時折痛みを感じる
  • 目の焦点がぼやけて疲れ易い
  • 明るい場所にいるとまぶしくて、涙が出る

 

身体の各部位に表れる症状

  • 常に肩こりや倦怠感がある
  • 頭痛やめまい、吐き気が起こる

 

眼精疲労を放置すると、目が疲れることで無理な姿勢をすることで、身体の各部位に影響が表れる様になります。

 

眼精疲労になる原因

眼精疲労は目の疲れによるものが原因とされていますが、その他にも目に疾患がある場合に起こり易くなります。

 

ドライアイにより、まばたきの回数が極端に減っている場合や、近視・乱視・老眼・斜視により、無理な姿勢を取る様になっている場合、緑内障や白内障により、視力に障害が出ている場合も眼精疲労になり易いのです。

 

また、風邪やインフルエンザなどにかかり、一時的に体力が低下した時にも眼精疲労が起こり易くなります。その他にも、精神的なストレスでも眼精疲労になることもあります。ストレスを感じることにより、目の周囲の筋肉が緊張して血行不良になってしまい、疲労が溜まり易くなるのです。

 

眼精疲労の原因はひとつだけとは限らず、幾つかの要因が重なって目に負担がかかり、発症することが多いのです。

 

眼精疲労の改善方法

眼精疲労は特に熱が出たり寝込んだりする訳ではないので、つい病院に行くのをためらってしまうものです。なるべく早く対処して、重症になる前に解消させましょう。眼精疲労を改善する上で一番大切なのが、十分な睡眠を取ることです。症状が改善するまで1日6〜8時間程の睡眠を取り、目をゆっくりと休ませましょう。

 

パソコンを使用する仕事をしている人は、ブルーライト対応のフィルターをしたり、画面の耀傘を調節します。意外と多いのが、度の会わないメガネやコンタクトをしているという人です。定期的に検眼を受けて、一定の視力を保ちましょう。

 

市販のアイパックなどは一時的にですが、症状を緩和させます。症状を落ち着かせながら目を休めて、環境の改善を試みていきましょう。眼精疲労は目がストレスに耐え切れず出しているSOSサインです。早目に気付いて生活習慣を改善させることで、一生使う目を労わってあげることが大切です。

 

また眼精疲労サプリを活用することも大切です。

 

ルテインサプリ紹介