MENU

眼精疲労の原因と対処法

眼精疲労の原因

目を使うことが多い人の場合、目の疲れを感じることも少なくないと言えます。その場合、軽度の目の疲れであれば比較的回復は容易に出来ますが、眼精疲労と呼ばれる状態になってしまうと回復させるのにはかなりの労力と時間を必要とします。

 

眼精疲労の場合単なる目の疲れに留まらず、体にも変調をきたす恐れがあるので注意しなければいけません。

 

眼精疲労とはどんな症状?

目の疲れは目を酷使することで起きる症状ですが、それがさらに進行すると眼精疲労と呼ばれる状態になります。この眼精疲労とは重度の目の疲れであり、一晩寝たくらいでは回復できない症状だと言えます。眼精疲労になった場合、目が重く視界がぼやける、目が渇く、肩がこるといった症状を引き起こしますし、それにより日常生活にも支障をきたすことも考えられます。

 

目が重いのは目の筋肉が正常に動いておらず目としての機能を維持できていないといえ、視界がぼやけるのは目のピントが合わなくなっている証拠だと言えます。この状態が続くと歩く場合に視界が定まらないこともありますし、視界がぼやけ続けることで気持ち悪くなるといった症状も起こってしまいます。

 

目が乾くのはドライアイと呼ばれる状態で、眼精疲労の症状の一つとなります。ドライアイになると目を覆っている水分が不足することで目に細菌が入り込みやすくなり、目の病気を引き起こすこともあります。肩こりは眼精疲労により視力が落ちることで姿勢が悪くなり引き起こされやすくなるため、目を酷使すれば擦るほど肩こりが酷くなると言えます。

 

眼精疲労を放っておくと?

眼精疲労を単なる目の疲れだと軽視して放っておくと、体にも異常をきたすことになります。眼精疲労になる原因は色々とあり、目を使いすぎていることだけが原因ではなく仕事などのストレスにより眼精疲労になることもありますし、目の病気や体の病気が眼精疲労と言う症状として表面化していることもあります。

 

そのため眼精疲労を放置しておくと徐々に体調を悪化させることも考えられ、気が付いたときには重度の病気を患っていたというケースモ少なくありません。そのためただの目の疲れではないと感じた場合には、眼精疲労を改善することが体調を崩さないようにするためには必要不可欠となります。

 

眼精疲労を回復するには

眼精疲労を回復するためにはまず自分が何故眼精疲労になったのかを考えなければいけません。原因を特定しないと眼精疲労は回復できませんので、自分の生活スタイルの中の何処に問題があるのかを正しく把握する必要があります。そうすることで原因を特定し目の負担を軽減することが出来ます。

 

眼精疲労には目の周りのツボを押す、目の周りを温めるといった目の筋肉の緊張を解く方法が効果的ですので、目に疲れを感じた場合には筋肉をほぐすように心がけると良いでしょう。それと寝不足なども眼精疲労を助長することになるので、しっかりと睡眠をとることも必要です。生活の乱れはそのまま目の疲れにも繋がるので、生活習慣を見直すことから始めると良いでしょう。

 

またルテインやアントシアニンを豊富に摂取することも大切です。そのためには、眼精疲労サプリを活用するこも大切です。

 

ルテインサプリ紹介