MENU

これで疲れ目ともサヨナラ!簡単に実践できる厳選4つの眼精疲労解消法

眼精疲労解消法

長時間のデスク作業や暗い部屋でのスマホ使用などで現代人の多くが悩んでいる症状に眼精疲労がありますが、目の疲労だけでなく体へも症状として表れてくるのです。

 

肩こりや頭痛、めまいや倦怠感といった症状も実は眼精疲労から来る症状で生活習慣の改善やストレス解消に努めなければ悪化し長引く事も懸念されます。

 

ズシンと重たく感じる不快な症状を解消できる簡単な方法を見ていきますので実践してみましょう。

 

姿勢に注意し目を優しく使う事を意識しよう

長時間のOA作業など目を酷使する事で疲れ目の原因となりますが、仕事などではPCを毎日使用する方はまず正しい姿勢を意識する事が重要です。理想的な姿勢は椅子に深く腰掛けて背筋を伸ばし机の作業する面とへその位置が平行になるよう調整してください。またモニターと50p以上離れて作業する事を心掛けて下さい。

 

正しい姿勢を取る事で眼精疲労だけでなく肩こりや腰痛の予防もできますし、遠くを眺めたり凝視しすぎない事にも注意してください。

 

辛い眼精疲労には1分でできるツボ押しで解消しよう

作業の休憩中や目が疲れたなと感じた時にはその場でできるツボ押しがおすすめで、ツボ押しで目の周りの筋肉をほぐす事で血行が良くなります。指圧する場所は眉間や眼窩下、こめかみや首の後ろにあり気持ちいいと感じる強さで親指を使用して1〜2秒押して離すを5回程度繰り返す方法でツボ押しします。

 

眼球を中心に眼精疲労に効く代表的なツボが7つあり、眉毛の真ん中と左右、目頭と鼻の間、目の下のくぼみ、目尻の外側、髪の生え際のくぼみが眼精疲労に効果があるツボとなります。

 

普段の食生活にビタミンB群を取り入れよう

生活習慣やストレスも眼精疲労に大きく影響してきますので、基本的な毎日の食生活を見直す事で眼精疲労を予防する事が大事です。目の疲れや眼精疲労に効果がある栄養成分にビタミンB1やB12などのビタミンB群を多く含む食材が効果的で豚肉やサバ、レバーや納豆に含まれています。

 

このビタミンB群を摂取することで視神経の働きを強め視力低下予防や目の充血解消や視力回復に効果があります。またブルーベリーのアントシアニンやβカロチン、ビタミンAを含むニンジンにも疲れ目やかすみ目を症状を和らげてくれますので、毎日の食事にバランス良く摂取することをお勧めします。

 

温パックや冷パックで眼精疲労を解消しよう

目の使い過ぎにより目の周りの筋肉が固まり血行不良が原因となって疲れ目などの症状が現れますが、蒸したタオルを乗せ温パックとして使用する事でも眼精疲労の症状を緩和できます。温パックのポイントは40度を3分間を目安に目だけでなく首の後ろも同時に温める事でさらに効果が高まりますので実践してみて下さい。

 

また入浴中などはシャワーを直接閉じた瞼にあてて温める方法もありますし、湯船につかって血行が良い状態でのツボ押しもさらに効果があります。逆に目の充血がひどい時には冷たい冷パックが効果的となりますので、眼精疲労の中でも症状に応じて上手に使い分けて実践してみて下さい。

 

まとめ

眼精疲労をしかっりとケアしようとすると、ルテインやアントシアニンなどの成分を豊富に摂取することも大切になってきます。そのためには、食事から補うのは難しく、眼精疲労サプリなどを利用することが必要です。

 

ルテインサプリ紹介