MENU

眼精疲労にはブルーベリーサプリが効果的!選ぶ際のポイントとは

眼精疲労のためのブルーベリーサプリ

慢性的な眼精疲労を抱えている方は、出来る限り症状を抑えるためにもブルーベリーサプリを活用してください。

 

使うことによって眼精疲労を感じづらくなりますし、目の健康を少しでも守ることができます。

 

では、どのようにブルーベリーサプリを選べばいいのでしょうか?そこで何を基準に選ぶべきなのか、サプリの選び方について理解して購入できるようにポイントを解説します。

 

 

眼精疲労のためのブルーベリーサプリの選び方

眼精疲労の方がブルーベリーサプリを簡単に選ぶ際のポイントは、以下の3つです。

 

【サプリを選ぶ際のポイント3つ】

  1. アントシアニンの含有量
  2. ルテインの含有量
  3. アスタキサンチンの含有量

 

それでは1つずつ解説していきます。

 

眼精疲労のためのサプリの選び方@:アントシアニンの含有量をチェックする!

アントシアニンの量

最初にアントシアニンの含有量が非常に重要なポイントになります。

 

アントシアニンには、眼精疲労を予防する効果があり、目の疲労に非常に効果的です。そのため、長時間の疲労を抑えることができるようになり、仕事や生活で辛さを感じている方は摂取したい栄養成分です。

 

入っている量が多ければ多いほど、疲労回復にはすごい効果を持っています。アントシアニンを豊富に補うには、眼精疲労サプリの利用がおすすめです。

 

そのサプリのアントシアニンの配合量を確認する!

サプリを選ぶ際は、アントシアニンの配合量が明記された商品を選ぶようにしましょう。

 

その場合、アントシアニンという記載ではなく、ブルーベリーやビルベリーをどれくらい使っているのかで記載されていることが多いです。

 

基本的に使われている数字が多ければ多いほど、アントシアニンの量は多くなりますので、配合されている量で選んでも構いません。

 

ちなみにブルーベリーと比べると、ビルベリーが約2倍〜3倍、マキベリーが約12倍の量のアントシアニンを含んでいると言われています。

 

眼精疲労のためのサプリの選び方A:ルテインの配合量をチェックする!

眼精疲労

眼精疲労というより、くっきり見えるような効果を得るためには、ルテインの量も大事になってきます。

 

ルテインは、ほうれん草などに含まれている成分で、天然のサングラスと呼ばれています。ルテインには、ブルーライトから目を守る働きがあります

 

現代人の眼精疲労は、PCやスマホ使い過ぎが主な原因の1つです。

 

ということは、日々、大量のブルーライトを浴び、目が傷ついているということです。そのためブルーライト対策が欠かせません。

 

ブルーライト対策の1つは、ブルーライトカットメガネやフィルターなどの商品を利用することです。そして2つ目が、ルテインを摂取することで内側から対策することです。

 

なので眼精疲労を和らげたいという方は、ルテインの摂取も必要になってきます。

 

そのサプリのルテインの配合量を確認する!

ルテインの配合量が少なかったり、配合されていないようなサプリを選んでしまうと、あまり眼精疲労の回復にもブルーライト対策にも期待できません。

 

なのでサプリを選ぶ際は、ルテインの配合量が多いものを選ぶようにしましょう。

 

眼精疲労のためのサプリの選び方B:アスタキサンチンが配合量をチェックする!

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、サケなどに含まれる栄養成分です。

 

あまりブルーベリーサプリには配合されていないように思われますが、眼精疲労に非常に高い効果を持っているのがアスタキサンチンです。なぜなら、アスタキサンチンは筋肉系に働きかける成分だからです。

 

アスタキサンチン専用のサプリも販売されていますが、実はブルーベリーサプリの中にも配合されているサプリがあるので、入っているものを利用すると疲労回復効果を高めることが出来ます。

 

そのサプリのアスタキサンチンの配合量を確認する!

アスタキサンチンの配合されている量が多ければ多いほど、疲労回復の効果が高まります。アントシアニンだけでなく、アスタキサンチンの効果も一緒に取り入れることで、かなり疲労回復の効果を高められるのです。

 

この2つの成分を配合しているサプリはなかなかありませんが、最近では2つとも配合されているサプリも販売されるようになりました。

 

アスタキサンチンとアントシアニンの2つの成分を一緒に取ることができれば、わざわざサプリを2つ以上購入して利用することもありませんから、よりお金の面でも安心できるようになります。

 

⇒ルテインサプリメントもおすすめです!

眼精疲労におすすめのブルーベリーサプリは?

眼精疲労におすすめのブルーベリーサプリは、「めなり」と「アスタブライト」です。

 

この2つのブルーサプリなら、「アントシアニン」「ルテイン」「アスタキサンチン」の3つの栄養素が配合されています。

 

ですが、アスタブライトに関しては、配合量を明記されていない成分もあります。なので、眼精疲労のためにサプリを飲むなら「めなり」がおすすめです。

 

 

めなり

めなりの特徴

「めなり」は高スペックで、コストパフォーマンスに優れたブルーベリーサプリです。アントシアニン、ルテイン、ゼアキサンチンが業界トップクラスで配合されています。またアスタキサンチン、クロセチンも入っており、目の健康のための栄養が豊富に含まれたサプリです。

栄養成分

ビルベリーエキス:170mg
ルテイン:12mg
アスタキサンチン:1mg

価格 初回907円〜
評価 評価5
 

アスタブライト

アスタブライトの特徴

アスタブライトは、ブルベリーの約12倍のアントシアニンを含むと言われるマキベリーが100mg配合されています。注目のアスタキサンチンも豊富に配合しているサプリメントです。なのでアスタキサンチンを重視に摂取したい方は、アスタブライトを選ぶと良いでしょう。

栄養成分

マキベリー:100mg
ルテイン:?mg
アスタキサンチン:8.1mg

価格 初回1834円〜
評価 評価4

まとめ

スッキリ見えるようになり、目の疲れを軽減するのがブルーベリーサプリです。眼精疲労にはアントシアニン、ルテイン、アスタキサンチンも重要なポイントになっていて、配合されているかも含めて数字を確認してください。

 

ある程度数字が大きい方が見えやすくなったり、ピント調整に非常に楽な状況を作りますので、負担を軽減できます。

 

ルテインサプリ紹介