MENU

つらい疲れ目を改善!眼精疲労に効果的な予防法と対処法

眼精疲労

目がかすんだりショボショボしたりと、疲れ目になると非常につらいものです。症状が重くなると、頭痛や肩こりなど、ほかの部分にまで影響を及ぼすこともあります。

 

そんなつらい疲れ目を改善するための効果的な予防法と対処法について解説します。

 

疲れ目の原因は日常生活に!

疲れ目の主な原因は日常生活にあるといえます。パソコンやスマートフォンを長時間使っていると目を酷使してしまうので、目に疲労があらわれます。

 

また、度が合っていない眼鏡やコンタクトレンズを使用していると、毛様体筋が無理に焦点を合わせようとするので、目が疲れやすくなります。

 

老眼も疲れ目の原因になります。老眼は焦点を合わせる力が衰えているので、新聞のような小さい文字を長時間読んでいると目が疲れやすくなります。

 

ストレスや不規則な生活などによって自立神経が乱れると、目の筋肉が緊張したり、涙の分泌量が減ったりする場合があります。このような状態になると、目の血流が悪くなったり目が乾きやすくなったりするので、疲れ目の原因になります。

 

日常生活を改善して疲れ目予防♪

パソコンを使った長時間にわたるデスクワークをする際には、こまめに休憩を取るようにしましょう。目の疲れを取るマッサージをしたり、遠くを眺めたりすると疲れ目予防に効果的です。

 

パソコンやテレビを観る際には、画面と目の距離を40cm以上離すように心掛けましょう。上目づかいで観なければならないような位置に画面があると、さらに目が疲れやすくなるので、自分の目線より画面が下に位置するように調節しましょう。

 

室内の乾燥による目の乾燥は、目が疲れる大きな原因となります。加湿器を使用したり、エアコンの風向きを調節したりして、目が乾燥しないようにしましょう。

 

室内がちょうどいい明るさになっていないと、疲れ目になりやすくなります。本を読んだり細かい作業をしたりするときは、室内を明るめにすることで目が疲れにくくなります。

 

パソコンを使用するときは、少し暗めにすることで目が疲れにくくなります。

 

つらい疲れ目を改善♪疲れ目になったときの対処法

目を温めると疲れ目が改善されます。蒸しタオルのようなもので目を温めることにより、血行が促進され、目の筋肉の緊張が緩和するので疲れ目が改善されます。

 

白目が充血している場合は冷やすことで炎症が取れるので、冷たいタオルのようなもので目を冷やすと目がスッキリします。コンタクトレンズの使用が原因で疲れ目になった場合は、コンタクトレンズ専用の目薬を使うようにしましょう。

 

裸眼の疲れ目の場合は、ビタミンが多く含まれた市販の目薬を使ったり、ビタミンB6・B12を含む栄養ドリンクを飲んだりすることも、疲れ目改善に効果が見込めます。また眼精疲労サプリなどを利用して、豊富に栄養成分を補うことも可能です。

 

目がかすんだり、ぼやけたり、頭痛が起こったりといった、目の疲れ以外の症状が治まらない場合は、白内障や緑内障などの疾患にかかっている可能性もあるので、早期に病院を受診することをおすすめします。

 

ルテインサプリ紹介