MENU

目薬無しでの、疲れ目の対処方法について

疲れ目

この度の記事におきましては、経済的事情あるいは体質上の理由その他、何らかの事情により目薬を使用しないで、自らの疲れ目対処をしていきたいという方のために役立つような方法や手段について記述をした内容が書かれています。

 

ほんの少しのお時間などがあれば、誰でも行う事が可能な方法ですので、参考にして頂けたなら幸いです。

 

目薬を使わないという、やり方の理由について

人によっては、体の部分の何らかの疲れなどにおいて、なるだけそれ用の薬といったものを使用しないで疲れを取りたいなどといった方も少なくはありません。

 

そうした現状などといった事情もあり、今回のこの記事において、目の疲れに対しての目薬を使用しないで回復が可能な方法について言及をさせて頂きました。

 

体質的に目薬が合わない方へのオススメ

あの目に染みる感覚が、どうしても体質的に合わないなどといった方へのオススメの方法として、洗面器を使用した方法が一番の手取早い方法として紹介させて頂きます。

 

休憩時間などにおいて、水道水もしくはミネラルウォーターなどの冷たいお水を洗面器へ注ぎ、それに顔を漬けたまま、何度か目を開閉させるだけです。

 

ただそれだけの動作を洗面器の水中において、適度に繰り返すだけですが、これが中々疲れ目に効きますので、オフィスでの作業とかが多いような方には、是非ともオススメしたい方法です。

 

ただ、全ての季節において、冷たいキレイなお水を使いますので、それが苦手な方の場合には、キレイなぬるま湯でも構いません。しかしそれでは疲れ目から回復しにくい傾向がありますので、あまりオススメではありません。

 

わずかな時間でも行うことがOK

たった今話したように、洗面器にお水をいれて顔を漬けながら、目を開閉させていく動作だけですので、ほんのわずかな時間でも行うことがOKですので、その点がとてもありがたいといえます。

 

ただ、水中での目の開閉動作の際に、途中で手で目をこすったりすると、せっかくの疲れ目から回復をした目のさわやかな感覚自体が台無しになってしまいますので、注意が必要かもしれません。

 

なるだけ目の開閉動作そのものを終えて、洗面器から顔を出した後に手で触る事がのぞましいので、この点に気を付けながら、洗面器内での開閉動作をしていくようにするのがベストです。本当にたったこれだけの動作で目の疲れがある程度取れたりしますので、やってみる価値は大いにあります。

 

まとめ

最後に今回の記事においてのまとめとなりますが、何らかの労働を人間がしていく際には、必ず目を使いますので、疲れ目という課題からは、生涯不可避であるといえるかもしれません。

 

そうした状況であるにせよ、人によっては先程の各段落でも話したように、どうしても体質的あるいは時間的、気持ち的に、目薬を点けるのが苦手または面倒などといった方も、多くおられたりするという現状があります。

 

そうした方々の立場をようく考えながら、一時しのぎの方法や手段とかかもしれませんが、今回の記事での方法を紹介させて頂きました。

 

ルテインサプリ紹介