MENU

疲れ目を改善する7つの方法と、疲れ目の仕組みを徹底解析

疲れ目

人は日常生活の中で知らないうちに目に負担をかけています。症状が出た時には、目の中にある細胞や筋肉が疲弊しきっていると言う経験をする人は多いでしょう。

 

疲れ目による症状には目に直接影響の出る「痛み」「けいれん」「渇き」「ピントが合わない」」の他に、身体に影響が出る「肩こり」「偏頭痛」「倦怠感」などがあります。

 

あなたの視界は元気ですか?

 

目を酷使する日常生活

  • パソコン作業や細かい手作業が長時間続く。
  • 眼鏡やコンタクトレンズ、視力の悪い裸眼での日常生活。
  • 空調が顔面に当たる事で目が乾き、涙の分泌量が減少するドライアイ。
  • 緑内障などによる視力異常による疲れ目。
  • 老眼など。

 

最近はパソコンを使用する事での眼精疲労が増加しています。パソコンやテレビ、ゲームやスマホ画面を長時間見続ける事で起こるのは疲れ目だけではありません。

 

画面を凝視することで瞬きの回数が激減し、目が乾きやすくなります。それにより疲れ目が増してしまうのです。疲れ目は誰にでも起こる現代病と言えるでしょう。

 

 

疲れ目はどうしておこる?

働く毛様体筋

人は「見る」と言う動作を行うとき、目の中にある水晶体をカメラのレンズのように調整しピントを合わせます。毛様体筋は、レンズの役目をする水晶体を【引く・緩める】と言う動作を行い調整するのです。

 

長い時間に渡って同じ作業を行う事で、同じ場所をじっと見続けてしまうことで、毛様体筋は緊張した状態でずっといなければいけません。その緊張状態が毛様体筋の筋肉を疲れさせてしまうのです。

 

老いた毛様体筋

老眼の場合は、集中した作業等による疲労と少々違ってきます。老化により毛様体筋は十分な力が発揮できなくなり、近くが見えにくくなるのです。これを放置しておくと疲れ目の原因となってしまうのです。

 

涙の力

目の働きが正常な場合、目の表面は涙に覆われているため滑らかな状態です。目の働きが十分ではない場合、涙が少なくなり目が乾燥することで目の表面が凸凹してしまいます。

 

レンズの上に凸凹の透明カバーを置いた状態になり、ピントがあっていても視界がぼやけてしまうのです。しかし脳はピントを合わせようと頑張り、無理に毛様体筋を動かし調整しようとします。

 

そのため通常よりも毛様体筋が酷使されてしまい疲れ目の原因となります。

 

また、目を休ませずに酷使したり、睡眠不足だったりすることで、目の必要な栄養が不足してしまいます。それにより目の代謝が低下し、疲労を回復できない状態に陥ってしまうのです。

 

 

疲れ目を改善する方法

目のために仕事を変えるなどなかなかできません。しかし、疲れ目を少しでも改善するために出来る事は沢山あるのです。

 

  • 適度な視力を維持するために、眼鏡やコンタクトを調整する。
  • 疲れ目に有効な栄養素を、積極的にとる。例えば、ビタミンCには抗酸化物質が含まれているために有効です。またビタミンA・B・Eにも目に重要な効果を持ちます。
  • 目の周りの筋肉を優しくマッサージする。
  • 長時間作業には1時間おきに休憩を十分にとる。
  • 蒸しタオルなどに目に当てることで、筋肉の緊張を緩和しリラックスを促す。
  • 老眼の有無を調べ、必要であれば老眼鏡を準備する。
  • 目の渇きを感じる場合には、涙に近い成分の目薬を使用する。
  • 眼精疲労サプリを利用する。

 

自分にとって手軽で長続きする疲れ目対策を行い、快適な生活を送ってください。

 

ルテインサプリ紹介