MENU

疲れ目の主なサインを知って休憩時間をしっかり確保

疲れ目

目が疲れていると思った時、そのままの状態で作業を続行したり、ゲームを続けていることは非常に危険です。疲れ目はときに病気を引き起こすようになってしまうので、休憩時間をしっかり確保して、画面を見なくてもいい時間を作ってください。

 

画面を見ていない状態を作ることによって、疲れ目の症状を抑えることも出来ますし、対策によって回復させることも出来ます。疲れているときのサインにも注意してください。

 

目が充血しているのは初期状態のサインと考えよう

一番わかりやすいのは、実際に見ておかしいと考えられるときです。これは視覚に入っていることが条件になりますが、疲れ目の場合は充血していることが1つのサインに入ります。

 

ただ充血していると言っても、完全に白い状態になっている人はほとんどいませんので、大半の人は血管の線が少しは入っているはずです。ほとんどそのような状態になっていないなら大丈夫ですが、明らかに血管の本数が多く見えている、充血している部分が密集している場合は注意です。

 

また充血しているのが白目ではなく、黒目の場合は病気の可能性もあります。よく見続けていると、黒目の周囲に充血しているポイントが生まれていることもありますので、この状態を見つけた場合は速やかに病院へ行って診察を受けてください。もしかしたら別の病気に該当していて、治療を受けないと危ないこともあります。

 

頭の重さを感じるようになったら中度の疲れ目に

次に感じやすいのは痛みとなりますが、眼の場合は神経を通じて痛みが発生するようになっていますので、多くの場合は上の部分である額に影響が出ます。

 

この部分の痛みを感じるようになってくると、疲れ目が中程度に突入して、かなり休憩したがっていることを指します。休憩をすることが望ましい状態であり、少しでも疲れている状態を解消して、また作業に迎えるようにします。

 

額の部分には神経が通っていますので、この神経が影響して痛みが出ているような、そうした状態が生まれていると考えてください。回復すると痛みが軽減されるようになりますが、時には額ではなくこめかみに近いところが痛むこともあります。

 

この場合も同様に疲れている状態なので、休養を取ることを前提としてください。

 

痛みで集中できない状況が生まれるとピーク状態に

痛みが強くなってくると、集中できる状況で集中できず、明らかに痛みのほうが強くなって作業をすることが出来ない、そうした状態になってしまいます。

 

これはピークの状態に入っているので、速やかに長時間の休みを取る用にしてください。眼を温めるようにして、それでも解消しないなら額の部分を冷やすようにしつつ、痛みを改善するようにします。

 

あまりにも仕事ができる状況ではない、むしろ気分が悪いと感じるようになってくるなら、休憩を入れたほうが安心できます。吐き気が出てくるようなら相当危険な状態と判断しても構いませんので、このサインを感じるようなら早期に休憩して、体調を回復させることを目指してください。

 

ルテインサプリ紹介