MENU

【目が疲れる原因と対策まとめ】目が疲れる方は必見!

目にあまりに過度な負担が加わることによって、目とその周囲に存在する細胞ないし筋肉細胞に疲れが生じてきます。

 

この疲れの原因となるものとして、PCでの作業を始めスマホやタブレット、細かな作業をあまりに長く行うことによるほか、使用している眼鏡やコンタクトが適していない場合、それに老眼も該当してきます。

 

 

目が疲れる3つの原因

目が疲れる主な原因を3つ紹介します。あなたに当てはまっているかどうか、チェックしてみて下さい。

 

パソコンによる目の疲れ

まず、PCの画面を長時間凝視したままであれば、目が疲れてきますよね。

 

これ以外にも、見つめ続けているために自ずとまばたきの頻度が減少するために、目が乾いた状態となることも原因とされます。これらが起因して目が疲れることになるのです。

 

目が乾く

涙は、目の健康に不可欠なものですが、この涙が不足していれば目が乾くこととなり、したがって目に過大な負担が生じることとなるために、目が疲れてしまったり痛みが出てくるのですよ。

 

目の乾きは、眼病の一種によってももたらされるようです。

 

病気が起因するケース

目が疲れる原因は、上記以外のものにも眼病などが該当してくる場合もあり得ます。

 

そのうち、ポピュラーなものとして近視や遠視、乱視や老眼などの矯正不良を端緒に、ピント調節機能を発揮する筋肉を緊張させてしまいかねず、視認する際の姿勢も悪化することから、目の疲れや肩こり、吐き気や倦怠感などの症状を起こしかねないのです。

 

ドライアイも目の疲れの要因となってきますし、風邪や精神的なストレスも目の疲れの要因となり得る場合もあるとされています。そして、病気に位置づけられるかは微妙であるものの、パソコンやスマホを長時間使用することを長期間継続していれば、目の疲れを生じさせる場合もあるのです。

 

目が疲れるとどのようになるのか

視認したものがかすむ、照明を必要以上に明るく知覚してしまったり、視線を移動させた場合に焦点が戻りづらくなることも、目が疲れることによってもたらされます。

 

さらに、目が疲れることによって、目以外の部分である頭痛や肩こりなどの症状も起こり得るのです。そして、内面に関する部分についても何らかの症状が出現してくる場合もありますよね。
目が疲れると一言にいっても、これからもたらされる症状は実に多岐に渡っているばかりでなく感覚についても人それぞれなのです。

 

目の疲れに対する予防や対策

最も手軽なものとしては、まばたきが挙げられます。このまばたきには、目を保湿させる効果をはじめ、眼球に存在する虹彩に関する筋肉や毛様体筋をほぐすことにも繋がってくるとされており、まぶたの開閉によって、ストレッチ効果や血行改善を促し、目の疲れを改善させることにも期待できるのです。

 

まぶたの開閉に際して、指をピンと伸ばし、これを顔から遠ざけたり近づけたりすることによって、血行改善や疲れた目に効果を発揮するともされています。そして、まばたきをしつつも、目を閉じている際に眼球を四方八方に動かすことによって、外眼筋のストレッチにもなるのです。

 

目が疲れるなら、ガム!

ガムを噛むたったこれだけのことなのですが、血流改善効果を発揮してくれ、目が疲れた際にも有用なのです。かといってガムを噛みすぎるあまりに多量の糖分を摂取したり、虫歯を生じさせかねないことから、砂糖不使用のものを噛みましょう。

 

目が疲れるなら、蒸しタオルも使い方によれば効果的!

蒸しタオルも目の疲れを改善させるのに効果的とされています。

 

ただ、蒸しタオルの使い方には注意が必要です。なぜなら、蒸しタオルを使用した後には、血管が細くなってしまうために、このまま目を酷使してしまえば、せっかくの蒸しタオルも無意味になってしまいかねないのです。

 

そのため、蒸しタオルを使用するのは、作業を完了させてからにすることをおすすめします。

 

目が疲れた際に有効な食事

ビタミンB群は目が疲れる際に、積極的かつバランスよく摂取していきたい栄養素の一つですね。

 

そのうち、ビタミンB1には目が疲れた際にとても有用な効果の発揮に期待できるのです。また、ビタミンB2についても、角膜や網膜をフレッシュにしてくれる効果を有するとされています。

 

さらに、ビタミンB6についても、眼球を構成する水晶体や毛様体筋に関する代謝向上にも期待できるとされていることから、つまりのところ、老眼対策や目の疲れに対して効果を有するといえるのです。

 

このビタミンB群ですが、水溶性の働きを有するビタミン類であるために、過剰摂取するに際して特に懸念するようなこともないようです。

 

ビタミンB1については、豚肉や小麦を始め、レバーや牡蠣、玄米やナッツ類に多量に含有されているのです。代表格なのが豚肉なのですが、同じ豚肉でも脂身よりは赤みに顕著となっています。そのため、豚肉を選ぶ際には、モモ肉か、あるいはヒレ肉をオススメします。

 

普段からの意識も重要

日々の生活習慣が、知らず知らずのうちに目を疲れさせているとすれば、目が疲れないような環境作りに徹することも検討してみるとよいでしょう。

 

日々の目の健康のために活用したいのが、眼精疲労サプリメントです。当サイトでは、ルテインサプリメントを紹介しているので、是非参考にして下さい。

 

⇒ルテインサプリメントはこちら