MENU

白内障の原因と発症した場合の対処

白内障の原因

健康な目を維持するのは日常生活を問題なく送るためにも重要なことと言えますが、目の病に侵された場合には生活自体に支障が生じてしまうことになります。特に白内障という症状の場合、気が付かない間に症状が進行していることも多く、視力を奪われる可能性の高い病気と言えます。

 

白内障になる原因とメカニズム

人の目はレンズの役割を果たす部分があり、そのレンズを通して物を見て認識しています。レンズが正常であれば視界がクリアに見えますし、光などに対しても特に問題なく対処できるわけです。しかし白内障の場合このレンズ自体に問題がおきてしまう病気のため、視界がクリアに見えなくなる、光に対して対処できなくなるといった状態が徐々に進行していきます。

 

白内障とは名前の中に白という文字があるように目のレンズが白く濁ってくる病気で、発症した場合でも最初はまず気が付かず少しずつレンズの状態が濁っていき最終的には何も見えなくなってしまいます。

 

 

このレンズの濁りに関しては加齢とともに徐々に白内障が進行するケースと、目に強い衝撃を受けることでレンズが濁るケース、先天的に病気として白内障を患っているケースなどもあるため、高齢の人に多いイメージの白内障ですが若年でも発症することがある病気となります。

 

レンズが濁ってしまうのは酸化ストレスによりレンズ内のたんぱく質が変質してしまうためで、一旦変質した細胞は元には戻らないため手術以外に解消する方法がありません。

 

白内障の症状

白内障になると目の前に霞がかかったような状態になり、視界が常に曇って見えることになります。最初は光が眩しいといった程度の症状ですが、進行するにつれどんどん視界が奪われていきますし、光が目のレンズで乱反射するので光に対する耐性も大幅に低下してしまいます。

 

最初は見た目には分かりませんが症状が進行すると目の黒目部分が白く濁ってきますので、白内障だと自分でも認識できます。しかし目が白く濁ってきた時点でかなり症状が進行していますので、そうなる前に何らかの対処をすることが重要となります。

 

白内障への対処法

白内障は酸化ストレスによるタンパク質の変質ですので、加齢による細胞の老化を防止することでかなりの効果を得ることが出来ます。これはアンチエイジングという方法になり、体を錆びさせず細胞の活性化を行なうことがポイントとなります。

 

細胞が老化するのは活性酸素などの影響によるものなので、抗酸化物質などを摂取して内部の錆を取り除くことが大切になります。その為には規則正しい生活や運動、食生活の改善などによる生活自体の見直しがとても大きな対策となります。

 

ストレスを溜めないことも白内障予防に繋がりますので、仕事などでのストレスを如何にして解消するかも白内障の発症や進行を食い止める手段として有効となります。一旦発症すると現状維持は出来ますが改善は出来ないので、その点も理解しておく必要があるでしょう。

 

ルテインサプリ紹介