MENU

徐々に視力が落ちていく病気、白内障の症状と治療法について

白内障の治療法

人は年齢と共に、身体の各部位が老化してくるものです。目も例外ではなく、老化に伴い様々な症状が表れてきます。目の病気として知られている白内障ですが、実際にどの様な症状なのか、治療法を知っておくことで、いざと言う時に落ち着いて、早目の治療ができる様にしましょう。

 

白内障とは

目の中には水晶体という組織があり、これがレンズの役割をすることで視力を得ています。白内障とは、この水晶体が濁ってしまうことで、レンズの役割が上手くできなくなってしまう病気です。
白内障は若い人には少なく、加齢により発症することが多くなります。

 

80代の高齢者の殆どが軽度から重度までのいずれかの白内障を発症していると言われているのです。しかし中には稀に40代で白内障になる人もいます。白内障は、きちんと治療をすれば失明する程の重症にはなりません。

 

しかし一度なってしまうと薬物治療は難しく、手術をすることになります。最近では白内障の手術は一般の眼科でも行われていて、成功率も高くなっています。患者の負担を減らす為に、日帰りで白内障の手術を受けられる病院も増えてきているのです。

 

白内障の症状

白内障は目の病気ですが、基本的に痛みを感じることはまずありません。その為に初期の段階で発見するのが難しく、自覚症状が出た時にはかなり進行した状態となります。主な症状として、「視界が暗く見える」「かすんで見える」「まぶしい」などがあります。

 

特に夜間車を運転していて、対向車のヘッドライトが非常にまぶしく感じるというケースが多く、強い光に反応することが分かっています。視界が見えにくくなる為にメガネやコンタクトレンズを作り直しても良くならず、おかしいと思い眼科を受診して初めて白内障であることが分かった、という人も多いのです。

 

人の身体は不自由な機能を他の器官で補おうとするもので、片方の目が白内障になっても、もう片方の目がカバーするので、日常生活に問題が出ないことが多く、受診が遅れることがあります。高齢者の場合、症状が少しずつ進行していくと、いつの間にか片方の目が殆ど見えなくなっていた、ということもあるのです。

 

本当に初期の段階で発見できれば、薬を使用して進行を食い止めることで手術を見合わせ、様子を見ていくこともできます。少しでも視界に違和感があったら、早目に受診をすることがおすすめです。

 

白内障の治療方法

現在では白内障を治療する方法は手術が一番確実と言われています。白内障の手術は、日本では外科手術のうちで最も多いとされ、年間で約140万件も行われています。手術の内容は、眼球内で濁ってしまった水晶体を切除して、人口のレンズを挿入します。顕微鏡を使用して行い、痛みも殆どなく、局所麻酔で行うことが殆どです。

 

薬を使用するのは目の疾患を予防するか、白内障の進行を抑える為の手段となります。インターネットで海外製の「白内障の特効薬」なるものが販売されていますが、効果についてはまだ不明確で、日本では厚生労働省による許可はされていません。

 

日本では白内障の患者数は多く、殆どの人が手術により視力を回復させています。早目に眼科を受診すれば薬の使用だけで済んだり、日帰りでの手術も可能ですので、必要以上に不安にならない様にしましょう。

 

ルテインサプリ紹介