MENU

気になる白内障の手術と術後の見え方

白内障の手術

白内障は、80代になると大半の人が発症する避けて通ることのできない目の病気です。濁ってしまった水晶体は、元に戻すことができませんので、状態によっては手術が必要になります。目を手術するのは、怖いというイメージがあります。白内障は。どのような手術をして、術後はどのような見え方になるか、についてご案内しますので、参考になさって下さい。

 

白内障とは

人の目の構造は、カメラに例えることができます。カメラにおけるレンズの役割を果たすのが、水晶体です。水晶体を通して入ってきた光は、フィルムの役割をする目の奥の網膜で像を結びます。水晶体が透明であれば、充分に光を通すことができます。充分に光を通す水晶体では、景色をはっきりとみることができます。しかし、人の水晶体は、年を重ねるにつれて濁ります。

 

水晶体が濁って、光りが通りにくくなるのが、白内障です。白内障になると、もやがかかって見えたり、明るいところでまぶしく感じたりする等の症状が現れます。更に見えずらくなると、治療が必要になります。

 

白内障の手術方法

白内障の治療は点眼等ではなく、手術によって行われます。一般的な白内障の手術は、小さな切開によって器具を挿入し、濁った水晶体を細かく砕いて吸出す方法で行われます。濁った水晶体を吸い出す際、水晶体を包んでいる嚢と呼ばれる袋は残ししておき、その袋に眼内レンズという人口水晶体を挿入します。

 

単焦点眼内レンズ

眼内レンズによって、手術後の見え方に違いがあります。眼内レンズには、大きく分けて、二つの種類があります。1つは、ピントが合うところが1つしかない単焦点眼内レンズで、2つ目はピントが合うところが複数ある多焦点眼内レンズです。単焦点眼内レンズは、手元から遠くまでのある一定距離のみに、ピントを合わせることができます。例えば、遠くにピントを合わせた場合、遠くの建物がよく見えます。

 

しかし、手元の物を見る時にぼやけてしまうため、老眼鏡が必要になります。老眼鏡をかけた状態で遠くを見ようとすると、遠くがぼやけてしまうため、眼鏡を外す必要があります。逆に、近くにピントを合わせると、遠くがぼやけてしまうため、遠くを見るための眼鏡が必要となります。

 

多焦点

多焦点眼内レンズの場合は、手元から遠くまでのある一定距離のみがよく見えます。見える質については、ピントがあるある一定距離は良好となります。また、手元から遠くまで広くピントを合わせることができるため、眼鏡に頼ることを少なくすることができます。

 

但し、若い頃のように全ての距離に対し、はっきりとピントを合わせることが可能になるわけではありません。ある一定の距離を長時間見る場合は、眼鏡をかけた方が楽な場合もあります。

 

トーリックレンズ

手術後に乱視が強く残ると、ピントが合っているところも、ぼやけてしまい、見える質が低下します。乱視は、眼鏡などでも強制できますが、乱視を軽減させる機能を持った眼内レンズもあります。また、単焦点眼内レンズには、白内障の治療と同時に乱視を軽減できるトーリックレンズがあります。乱視にはいくつかの種類があり、全ての乱視に対してトーリックレンズで対応できるわけではありません。

 

ルテインサプリ紹介