MENU

【目にいい食べ物まとめ】視力回復のために食べ物を変えよう!

視力回復にはブルーベリーが良いと聞くことが多いでしょう。インナーネットで検索をしても書籍を読んでもブルベリーを摂取すれば、目に良いと記されています。視力回復を希望する場合、目に良い食べ物を積極的にとりたいと思うでしょう。

 

目に良い食べ物はブルーベリーしかないのでしょうか?ここでは視力回復を望んでいる方、目に良い食べ物を摂りたいと思っている方におすすめの食べ物を紹介します。

 

ブルーベリーばかりでは栄養過多になる可能性も

ブルーベリーは目に良い食べ物であると広く認識されています。視力回復を望んでいる方からすればブルーベリーを食べさえすれば、目を守っていくことができると考えている方もいるでしょう。

 

ブルーベリーのジャムに生のブルーベリーなど、ブルーベリーばかりを毎日の食事の際に大量に摂取していると、栄養が偏ってしまいます

 

果物の中でもブルーベリーはそれほどカロリーが高いわけではありませんが、しかしカロリーが低いものでもないため、頻繁に摂取していると糖分の取り過ぎになってしまいます。目に良い食べ物だからと頻繁に大量に摂取することによってかえって体調を崩しかねないのです。

 

ベータカロチンが良い

目に良い食べ物のとしてベータカロチンが含まれている食品をとると良いです。ベータカロチンは目の細胞や粘膜の新陳代謝を保つことができるため目の健康をサポートしてくれます。

 

ベータカロチンを多く含むのはニンジン、ブロッコリー、モロヘイヤ、スイカなどです。

 

ビタミンAが良い

目に良い食べ物としてビタミンAが含まれているものもお勧めです。ビタミンAにはドライアイを改善する働きがあります。目が乾いて仕方がない方はビタミンAに注目をすると良いです。

 

ビタミンAを多く含むのは、ウナギ、ニンジン、カボチャなどです。

 

ビタミンCが良い

ビタミンCも目に良いです。目の透明度を保つ働きをしてくれるため、白内障の予防する働きもあります。

 

ビタミンCを多く含むものは、赤ピーマン、レモン、キーウイ、オレンジなどです。果物には多くビタミンCが含まれており、目にいい食べ物なので積極的に食べましょう。

 

ビタミンEが良い

ビタミンEが含まれる食品も目にいい食べ物です。目の疲れを回復してくれる働きがあるため、ビタミンEを含む食品を食べることによって視力回復を望むことができると考えられます。

 

ビタミンEは、かぼちゃ、アーモンド、ウナギ、キングサーモンなどに多く含まれています。

 

ポリフェノールが良い

ポリフェノールが目にいい食べ物として知られていることは多くの人が認知していることではないでしょうか。ブルーベリーにも多くポリフェノールは含まれています。他にもカシスやヒルベリー、ブラックベリーにもポリフェノールは含まれています。

 

ポリフェノールは夜に見えにくい視力を回復させる働きがあります。また、眼精疲労の回復にも効果があるため、視力回復を除く人にはお勧めです。

 

カルシウム

目に良い食べ物にはカルシウムが含まれているものもあります。カルシウムは眼球の壁である強膜の機能をアップする働きがあります。

 

カルシウムを多く含む食品は緑黄色野菜、乳製品、魚介類、海藻類、納豆などです。視力回復を望んでいる方は積極的にこれらの食品をとるといいでしょう。

 

栄養バランスよく食べることが大切

目に良い効果をもたらす栄養素を含んでいる目にいい食べ物は非常に多くあります。いろいろな食品をバランス良く食べることによって栄養バランスも整うため、目の健康も維持していくことができるでしょう

 

この栄養素が足りないからと言ってその栄養素が含まれる食品ばかりを食べていると栄養が偏るため、かえって不健康になってしまいます。

 

食事をするときには栄養バランスを考えながら、目にいい食べ物を取り入れていくと良いです。目の健康状態が良くなれば、視力回復のサポートになっていくと考えられます。

 

ルテインサプリ紹介