MENU

目に良いものを取り入れて視力回復をしていこう!

現代社会は目に悪いものが周囲にあふれかえっています。パソコンやスマホを長時間していると視力は低下していきますし、目の疲労は蓄積されていくばかりです。

 

目が疲れたままでは朝目覚めたとき、なんだかすっきりとしません。目が重いと感じていては気持ちもあかるくなりませんし、仕事にも学業にも思い切り打ち込むことができません。

 

目に良いものを取り入れて少しでも視力回復を目指していきましょう。

 

姿勢を見直す

姿勢が猫背になっていませんか?パソコンを長時間している時、ノートに文字を書いているとき、読書をしているとき、スマホを操作しているときなど気が付くと猫背になっている人が多くいます。

 

猫背は物を近くで見るために目の疲れがたまりやすくなります。ものを近くで見ようとすると、ピントを合わせようとして毛様体筋が働きます。猫背になったままでいると、この毛様体筋を働かせ続けることになってしまいます。

 

その結果目がかなりの疲労を覚えることとなってしまうのです。猫背を治して正しい姿勢を取り入れましょう。正しい姿勢は目に良いものですから、姿勢を正すことを常に念頭に入れておきましょう。

 

目に良いものを摂取する

目に良いものを取り入れていくと目の疲れが回復しますし、視力回復にもつながっていくと考えられます。目に良いものと言われている食べ物を普段の食事に取り入れていきましょう。ブルーベリーは目に良いものと言われていますが、それだけではありません。

 

黒ゴマや黒豆など黒いものも目に良いものとして知られています。黒いものにはアントシアニンが含まれています。ブルーベリーにも含まれているポリフェノールの一種です。

 

緑黄色野菜も目に良いものです。白内障を予防する働きがあると考えられているため、目の健康をサポートしてくれます。これらをはじめ、目に良い栄養素が入っている食べ物を積極的にとるように心がけるといいでしょう。

 

目を温める

目をマッサージをすることも目に良いものですが、あまりにぐりぐりと強くマッサージをしてしまうと逆に目の疲れが出てしまう場合があります。また、長いネイルをした指で目のマッサージをすれば目がダメージをうけてしまうおそれもあります。

 

簡単に目に良いものとして目を温めることがおすすめです。目を温めると目の疲れをとることができます。長時間一定のものをも続けていると目がかなり疲れます。そんな時には作業後に目をホットタオルで温めましょう。

 

ホットタオルで目の全体を温めるとそれまでピントがずれていたものが、回復させることができます。これは目のコリを取ることができるためにピントのズレを回復させることができるのです。

 

ブルーライトカット眼鏡をかける

パソコンを長時間するとかなり目が疲れます。パソコンから目を離したときにピントがずれて変な感覚になってしまう方もいるでしょう。

 

パソコンやスマホからはブルーライトが出ています。これは目の疲れを増幅させます。このブルーライトをカットできるブルーライトカット眼鏡をかけると目の疲れが変幻できると言われています。

 

ブルーライトカット眼鏡は目に良いものなので一つ購入しておくといいでしょう。安価なものでは1000円程度で販売されています。長時間パソコンを使って作業を行っている方、スマホやゲームを長時間行う方にはお勧めです。

 

肩こりをとる

目が疲れるから肩がこるのか、肩が凝るから目が疲れるのか、この両者はなぜか連動をしています。肩こりをとって目の疲れを取り除きましょう。

 

肩をくるくる回したり、上げたり下ろしたりしてストレッチすることで肩の凝りを取り除くことができるため、目の疲れも減少させることができると考えられます。

 

長時間同じ姿勢でパソコン作業などを行っていると凝りがひどくなってしまいます。適度に休息を入れてストレッチをすると良いでしょう。

 

ルテインサプリ紹介