MENU

ブルーライトが目に悪い原因とは?その対策に必要な事とは

ブルーライトの原因

私たちの日常生活について考えていると今までよりも電子機器に頼るようになっています。しかもその電子機器はどれも便利になり、私たちの生活に欠かせないものとなっています。

 

特にパソコン、タブレット、スマートフォンは最近増えてきたとても便利なもので、仕事、趣味、家族や恋人とのコミニケーションで欠かせないものになっています。

 

しかし、デメリットもあります。それはそのような電子機器から放出されるブルーライトです。皆さんもブルーライトという言葉はお聞きになったことがおありだと思いますが、実際にそれはどのようなものなのでしょうか?目に悪い原因と言えるのはなぜでしょうか?どのような対策が出来ますか?

 

ブルーライトとは?

ブルーライトとは私たちの目で見ることのできる光の中でも一番強いエネルギーを持っているものです。そのおかげで私たちは電子機器の画面を鮮明にみることが出来ます。

 

またこのブルーライトは強いエネルギーを持つ光ですから、遠くのものでも綺麗に見える作用があり、テレビなどにも利用されています。またLEDライトもブルーライトの一種です。

 

ブルーライトが目に及ぼす影響とは?

非常に便利なブルーライトですが、そのエネルギの強さのゆえに体に害を及ぼすことがあります。特にブルーライトの影響を受けるのもちろん目です。ブルーライトは目の中でも奥の奥である網膜にまで達します

 

網膜は私たちの目の中でも重要な部分です。それで網膜がブルーライトによって傷ついてしまう事があるのです。ブルーライトの力は紫外線の強さと似ています。

 

夏の暑いときで太陽の光がさんさんに注ぐ屋外に出ると目が疲れたと感じになったことがあると思います。そのようなことがブルーライトによって引き起こされているのです。

 

その結果、数多くの目の不快感が生じます、眼精疲労、目のかすみ、または強い痛みなどがブルーライトが原因で生じるといわれています。それだけではなく白内障の原因になったり、老眼が進んでしまうこともあります。

 

目への影響だけでなく、ブルーライトによって夜寝れなくなってしまったり、疲れが取れにくくなり精神の状態があんてしない事、肥満になりやすい、がんの危険があるということが報告されているのです。

 

ブルーライトが原因の病気から守るための対策とは?

私達の身の周りではブルーライトを使った製品があふれていますから、いくらブルーライトが目や体に悪いからと言って、根本原因であるブルーライトを全く浴びないと生活が出来るわけではありません。

 

ではどのような対策を行えるでしょうか?私たちが行える対策の一つは角膜を守るということです。角膜なんてどのように守ることが出来るの?と思われるかもしれませんが、実は角膜の働きを助ける栄養素があります。

 

それはルチンです。ルチンは目のビタミンと言われており、角膜を修復したり守ったりしてくれます。それで、ブルーライトを浴びることが多く、角膜が傷ついたり、角膜の機能が低下する危険を感じている人でも、ルチンを摂取することによってブルーライト対策をすることが出来るのです。

 

ルテインサプリ紹介