MENU

視力が落ちる原因とその対処法

視力−原因""

人間は目を使って物を見ることにより生活できているといっても過言ではありません。そのため視力の低下はそのまま日常生活に支障をきたすことにも繋がりますので如何にして今の視力を維持し続けるかが重要となってきます。視力の低下を招く原因にも様々ありますが、まずは何故視力が落ちるのかを正しく理解する必要があります。

 

視力のメカニズムと何故落ちるのか?

人間の目はカメラのレンズと同じような役割を果たしており、目の中の水晶体と網膜の距離でピントを合わせ物体を正しく見ることが出来ています。この網膜と水晶体の距離を調整することで視力を維持していると言えますので、距離が適切に合わなくなる、目の動きが正常ではなくなった場合には、ピントを合わせることが出来なくなりそれが視力の低下ということに繋がるわけです。

 

視力が低下するとピントが上手く合わせられなくなるので常に見るものがぼやけてしまうことになり、遠くのものは見えるが近くはぼやける近視、逆に近くのものは見えるが遠くのものはぼやける遠視といった状態になってしまうことになります。

 

このピントが合わなくなる原因としては目の疲れなどが最も多いといわれていますが、生まれつき目の構造に問題がある先天的なものや、年を経ることにより徐々に目の機能が衰える後天的なものなどもあります。

 

視力を落とさないようにするためには

先天的な視力の悪さに関しては、目の手術などを行わないとなかなか改善できない場合もありますが、眼精疲労などによる視力低下に関しては日常の生活を見直すだけでもかなり回復させることが可能になります。基本的に眼精疲労の場合、目や目の周りの筋肉が使うことにより疲労し硬直することで起きるため目を酷使しないことが最も視力低下を防止できる方法といえます。

 

特に近年では仕事でパソコンを使用したりスマホなどを長時間見続ける人も増えているため、目の使いすぎによる視力低下が増えていると言えます。

 

正しい対処を行えば視力の低下を防げますが、慢性的に眼精疲労が続いている場合には視力の低下がなかなか回復できない、場合によってはメガネやコンタクトレンズを使用しないといけない状態になることも考えられますので、目を労わるということが最も重要なポイントとなります。

 

視力を回復させるには

軽度の視力低下の場合、目の筋肉をほぐしたり目の疲れを取ることで視力の回復を可能にすることも出来ます。その際には目の回復に効果のある成分であるアントシアニンなどを摂取するといったことも効果があります。目のマッサージや目を休める場合には筋肉をしっかりとほぐせるようにすることが重要で、ホットアイマスクなどを使用して血流を改善させ筋肉を回復させるのも効果的です。

 

それと食事などの見なおしや長時間のスマホなどの使用を止める、もしくは一定時間で休憩を挟み目を休めるだけでも視力の低下を防ぐことになりますので、何事も適度に休憩を入れることがポイントとなるでしょう。

 

ルテインサプリ紹介