MENU

近視のメカニズムと予防方法について

目が近視になってしまうと、目が見えにくくなって不便なことが多いですよね。眼鏡を買わなければならなくなりますし、コンタクトを買って視力を補う場合もあります。どちらにしてもお金がかかってしまいます。

 

今回は近視になるメカニズムと、近視にならないように予防する方法や、これ以上近視にならないようにするための方法をお伝えしたいと思います。

 

近視になるメカニズム

近視になってしまう原因とは何でしょうか?目は見ている対象にピントを合わせることで見える状態にしてくれます。遠くに見えるものや近くに見えるものに対して、ピントを調節することで見えるようになっているのです。

 

しかし、このピントをいつも近いものに合わせていると、近いものへのピントを合わせる習慣がついてしまい、遠いものに対してピントを合わせることが難しくなってしまうのです。

 

つまり、近視になる原因は、「日常的に近いものばかりを見ている習慣」ということが挙げられます。

 

日常的に近いものをばかり見ている習慣

近いものばかり見ているとは、どのような習慣が挙げられるでしょうか?例えば、スマホです。現代ではスマホを持つ人がとてもに多くなっています。

 

スマホを操作するとき、ついつい覗き込むように至近距離で操作をしていませんか?スマホによってピントを調節出来なくなり、遠くのものが見えにくくなてってしまうのです。

 

スマホの他にも、テレビを近くで観る習慣があったり、勉強をするとき至近距離で文字をノートに書くなどしていることはありませんか?こうした行動が日常化してしまうと、目のピントを合わせることが難しくなってしまい、近視になってしまうのです。

 

近視を予防する方法

近視を予防するためには、遠くを見る習慣をつけましょう。ときどき目を休めて遠くを見つめることで、遠くの対象にピントを合わせることが出来ます。

 

スマホを使うときは、なるべく目から距離を置くようにしてください。長時間使い続けることが無いように注意をして、目を疲れさせないようにしましょう。

 

目を酷使してしまうと、目の周りの血流が悪くなってしまい、目が疲れる原因にもなります。目が疲れている状態が続けば、近視が酷くなることがあります。目を休ませることが大切です。

 

目の血流を良くするために、ホットアイマスクをしてみましょう。血流が良くなることで目の緊張や疲れが取れるようになります。目をいたわることを習慣にすることで、目のトラブルが減っていきます。

 

近視になってしまったときはどうするべきか?

近視になってしまったときは、自分の視力に合う眼鏡やコンタクトを使ってください。眼鏡やコンタクトで視力を調整することにより、目を疲れさせないようにする効果が期待出来ます。また、眼鏡やコンタクトが無いと日常生活に支障が出る恐れがあります。

 

眼鏡やコンタクトを作るときは、眼鏡店やコンタクト店げ行きましょう。コンタクトを作るときは、眼科で診察をしてもらい、あなたに合ったコンタクトを作りましょう。

 

ルテインサプリ紹介