MENU

近視は何もしていないのに起きてしまうことがある

人によって、実は近視になりやすいかどうかは変わっています。生活習慣によって変わるとされていますが、生まれているときから起こりやすいかどうかも変わっているのです。

 

意外なことに人の目は遺伝することが分かっていて、遺伝によっても症状が起こりやすい可能性もあります。

 

両親が近視の場合は子供にも影響が及ぶことが多い

目の部分は、遺伝しないように思われますがかなり遺伝の影響を受けることになります。そのため両親が近視を持っている場合は、生まれてくる子供も将来的に起こりやすいとされていて、視力の悪い親の子供は視力が低下しやすいとされています。

 

確実に起こるというわけでもありませんが、可能性としては高いことが証明されていて、なるべくなら起こらないような生活習慣をさせてあげることが大事です。

 

意外なことかもしれませんが、親の影響を非常に受けやすいのは目の部分です。どちらかが視力の悪い状態であっても駄目ですし、両方なら尚更起こりやすいとされているので、生まれてくる子供は慎重に扱いながら、視力を持たせてあげることも必要になります。

 

最初のうちはそのようにならず、視力が悪いように思われない場合でも、突然起きてしまうことはあり得ることなので気をつけてください。

 

成長によって発生する近視は仕方ないもの

このような遺伝によって起きてしまう場合や、成長によって起きてしまう状態は仕方ないものです。止めようがないケースも多く、成長するに従って明らかに見えづらくなるなど、症状を自覚するようになります。

 

多くの人は小学校から中学校の間に起きてしまうことで、その時期にメガネやコンタクトレンズを付けなければなりません。ただ成長によって起きているものは、外的要因の視力低下に比べてかなり激しく落ち込むケースがあります。

 

外的要因の場合は、ある程度の症状で止めてしまえば問題はないのですが、成長によって起きている遺伝タイプはどんどん落ちるようになり、合わないことを続けていると大幅に低下することも分かっています。そのため普通の方に比べると、かなり視力が減るようになり、検査でも相当低い数字になりがちです。

 

遺伝性のものはすぐに対応して生活しやすいように

子供が近視によって視力を大幅に低下させていく状況は、親にとっては辛いかもしれません。早めに対応することが一番いい方法ですので、すぐに対応して生活に影響が出ないように、そして学校でも文字が見えるようにしてあげることです。

 

明らかに変だと思っている時には、子供から声をかけてくることもありますので、その話を聞いたら眼科に行ってみるといいです。

 

親の影響を受けるように思われない部分も、影響を受けて視力低下に繋がることもあります。

 

特に目の傾向は遺伝が非常に強くなりがちなので、もし両親ともに遠くが見えづらいような状態になっていて、視力が低いと思われるなら気をつけるといいです。何処かでそうした悩みを子供が抱えて、対応してあげることが出てきます。

 

ルテインサプリ紹介