MENU

【老眼の治療法まとめ】老眼の治療法の種類・メリット・デメリット

老眼の治療には、老眼鏡しかなかったような時代も過去にはあったのですが、近時では相当数の治療がなされているようです。

 

老眼とレーシック手術

角膜屈折矯正手術の一つであるレーシック手術が隆盛を極め、多数の治療法が擁立されたために、近視や遠視、乱視などといった矯正不良に係る手術が行い得るようになったのです。

 

ただ、このような近視や遠視などといったものについては、屈折異常を要因とするものであるのに対して、老眼は加齢に応じて消失したことを要因とするものであることから、レーシック手術では対象外となっていました。

 

しかし、近年において老眼治療がなされるに際しては、レーシックであっても老眼治療が可能となったのです。この老眼治療の際のレーシックは、遠近両用レーシックであって、カムラインレーのごとくリングを挿入することなく老眼の治療が可能となるのです。

 

プレスビーマックスのメリットとは

リーディングアイのように目にリングを挿入することなく視力改善に期待できること、老眼鏡を使用せずとも視認性が良くなること、遠距離、近距離のみならず、その中間たる中距離であっても視認性が向上するために、何ら不自然なことがないとされていることでしょうか。

 

そして、1度なりとも手術を行えば、これ以後効果を保つことができるのです。

 

プレスビーマックスについては、中距離の視認性が向上しているとされているようです。過去の老眼治療では、中距離を視認するに際して不自然であったことが懸念されていました。このために、一度手術を行えば、日常生活においても良い変化が望めることでしょう。

 

プレスビーマックスのデメリット

この反面、デメリットとして挙げられる事項としては、視覚効果のうち、コントラストについて弱体化することが懸念されること、手術を行えば、もとの角膜に戻すことが不可能であること、最新の治療法であることから、将来的にどのようなことが起こり得るかが未知数であること、今までに通常のレーシック手術を行ったことのある人であればプレスビーマックスの手術が不可能であることなどが該当します。

 

それというのも、プレスビーマックス自体の症例数はまだまだ希少であることから、後遺症が生じないとはいい得ないのです。また、このようなデメリットに加えて新たなものが出現してくる可能性がなきにしもあらずなのですよ。

 

コントラスト低下については、夜間などの暗所において顕著となってくることから、夜間走行するドライバー、例を挙げればタクシーの運転手やパイロットには不適切な手術であるといえます。

 

プレスビーマックスの特徴は、あくまでも切除する手術であることから、レーシック同様にいったん手術すれば、角膜をもとの状態にすることが不可能なのです。
そうしたことから、角膜を再度治療する必要性が生じた際に、当該治療を受けることが不可能となることもあり得るのです。

 

モノビジョンレーシックとはどのような老眼治療なのか

モノビジョンレーシックのうち、モノビジョンとは片方の眼球が遠方を、反対側の目が近距離のものを対象にしてピントを調節している状態のことを指し、両方の目で視認した際に、いずれの距離も明確に視認可能な状態となります。この状態は眼鏡やコンタクトレンズでも人為的に創出することが可能です。

 

視力についていえば、片方の視力は良いものの、他方の視力は低下している状態になっています。モノビジョンレーシックでは、効き目のほうを遠方にピントを合わせるようにすることが通常となっています。

 

各個人における、近視や遠視の有無及び程度、両眼の左右差などに照らして、調整しなければならないことから、モノビジョンレーシックには定型というものがなく、人それぞれに見合った手術法を採用しなければなりません。

 

モノビジョンレーシックのメリット

老眼鏡を用いずとも視認性が向上することや、単に一度手術を受けただけで効果が継続すること、しかも、維持費を要しないことが挙げられます。

 

モノビジョンレーシックのデメリット

モノビジョンそのものが特段の状態であるからか、ある程度の慣れを要するのであって、1ないし3カ月程度の期間が必要とされています。老眼鏡を用いた際よりも視認性の点は落ちてしまいます。そして、目の疲れを生じさせてしまいかねず、ドライアイを生じさせる場合もあるようです。

 

このモノビジョンレーシックを手術するには、以下に述べる各要件を満たさなければならないのです。

 

まず年齢制限として40歳を超えていることが求められ、レーシック手術に耐え得る角膜の厚みが充分であることや、手術の傷が瘉えるための症状を有していないことに加えて、白内障や緑内障などを生じていないことなどが求められてくるのです。

 

また、上記で述べたように職業ドライバーや運転頻度の多い人には不向きといえます。

 

ルテインサプリ紹介