MENU

自分で出来る老眼を改善する方法まとめ!老眼改善方法を公開!

スマホもほとんどの世代に浸透してきましたね。これとともにスマホにも老眼を改善するためのアプリが出現し始めてきました。
スマホは目の健康状態を損なうともされていますが、老眼を改善する方法として適したアプリも開発されているのです。また、老眼を改善するための動画もあるのですよ。

 

EyeMaster

医学博士によって開発されたEyeMasterは、対象となる図形が同じ大きさになるように目を近づけたり遠ざけたりすることによって、老眼の改善に期待できます。

 

3カ月程度継続することによって視力改善効果に期待できるようです。

 

アイトレ3D

立体視も老眼が良くなる方法として挙げられます。立体視とは、平面的な画像をある見方をすることによって、立体的なものとして視認できるものです。

 

そのやり方とは、右目のほうは左側の画像を見る、しかし、左目のほうは右側の画像を見るというクロス法が容易です。
別のやり方としては、右目が右側の画像を見つつ、左目は左側の画像を見るというパラレル法も存在します。

 

立体視をすることによって、焦点を合わせる力を鍛えることが可能とされており、さらには目の周囲に係る血行改善効果にも期待されることから、老眼が良くなる方法として相当期待できるわけなのです。

 

立体視の効果としては、目の奥底に秘められた力を向上させ、または開発させる効果に期待でき、老眼が良くなる方法としても期待できるのです。

 

この立体視、医師でもあり群馬パース大学学長でもある栗田昌裕博士などが推奨しています。
書籍でも販売されているのですが、スマホやパソコンでは特にお金を払うことなく入手し、気軽にトライ可能です。

 

老眼を良くするために立体視が可能なアプリは種々揃っているのですが、無料の動画でも立体視ができるものはあるのです。YouTubeで立体視を検索すれば多数の動画が見つかることと思います。

 

動画でもクロス法とパラレル法とが存在しているのですが、一度成功してしまえば、後はとても簡単にできます。挑戦し始めたばかりのころであれば、簡単にはいかないかも知れませんが、スマホさえあれば可能ですから、気軽に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

視力向上。演習

視力向上。演習では、眼筋のストレッチや鍛えることを可能としており、近視や遠視についてそれぞれの防止に関するメニューがあることから、老眼を良くする効果は謳っていないものの、効果的なトレーニングを積むことによって、視力の向上には期待できるといえるでしょう。

 

老眼改善のための眼鏡

 

老眼を改善する方法としては、上記のようにアプリもあるのですが、老眼を改善するために開発されたもののなかには、眼鏡も存在します。老眼鏡もそのうちの一種なのではないかと思われるようですが、敢えて老眼が改善することを主眼として開発されている眼鏡も存在するのです。

 

普通の老眼鏡

老眼鏡を使用することにより、老眼が悪化していくと考えている人は少なくはないでしょうね。しかし、老眼鏡をかけていればいるほど、老眼の進行を遅らせることが可能となるのです。

 

この点、老眼鏡を使用しないままで対象を視認していれば、目の疲れを生じさせてしまいかねないばかりか、老眼を進捗させてしまうのですよ。もちろんのこと、自己に適した、度の合った老眼鏡を選ぶことが重要です。老眼鏡をかけていて老眼が進捗すると考えられている根拠は、加齢や老化に応じてのものなのですよ。

 

視力回復メソッド

眼科医である本部千博により監修されているといわれる書籍には、視力回復の旨を記載した本文のみならず、眼鏡も加わっています。

 

この書籍によれば、この眼鏡を1日5分程度かけるのみで老眼が良くなるというのです。この眼鏡の仕組みは、プラスチック状の材質に5つの穴があるのですが、この穴に照らしてピントを調節していくのです。ピント調節機能のある毛様体筋を休めさせる作用があります。

 

これとともに書籍にも老眼が良くなる方法がメソッドとして豊富に掲載されています。

 

ルテインサプリ紹介