MENU

老眼になる原因と症状、老眼対策に必要なのは?

老眼による原因と症状

年を経ることで若い頃よりも確実に体の衰えが起きてしまいます。これは体の筋肉などだけではなく目にも言えることで、年齢を重ねるとともにおきてくるのが老眼と呼ばれる症状です。

 

この老眼は誰もがなる可能性がある症状ですので、その原因や対策法を知っておくことが老眼予防にも繋がります。

 

老眼の原因と症状

老眼と効くと高齢の人がなるイメージですが、実際には40代を越えるあたりから老眼の発症率は高くなってくることが分かっており、働き盛りの40代でも老眼を発症する可能性は高いと言えます。

 

老眼を発症した場合、ものを見る際のピントが合い辛くなるという症状が起きてしまい、小さな文字が見え難いといった日常生活に支障が出るような状態になります。

 

これは目の中にある水晶体と呼ばれる部分に衰えがおきている証拠であり、年齢とともに水晶体も老化していることの現われといえます。

 

若い頃の正常な水晶体の場合、水晶体を支えている毛様体小帯という筋肉がしなやかで柔らかいため、カメラのピントのように瞬時に見た物体に対しピントを合わせることが出来ています。

 

しかし年齢を重ねるとともにこの毛様体小帯と水晶体が徐々に硬さを増していくことになり、若い頃のようなしなやかさが失われてしまいます。

 

毛様体小帯が緩んだり縮んだりすることで水晶体も厚みを変化させてピントを合わすことが出来るのですが、伸び縮みが上手く出来なくなると水晶体も厚みを変化させにくくなり焦点が定まりにくくなってしまうわけです。

 

これが老眼のメカニズムであり原因となりますので、目の中の老化を食い止めないと老眼も防ぐことが出来ません。ピント調整が上手くできないため今までよりも離して見ないと文字が見えないといった症状になるため、近くの文字や物体がぼやけて見える状態となってしまいます。

 

老眼を防止するためには?

老眼は年齢による症状だから仕方が無いと考えるのは大きな間違いで、目を酷使してういる場合には老眼をさらに悪化させてしまうことにもなりますし、逆に目の疲れをしっかりと取り、目に良い成分などを率先して摂取している場合には老眼の症状がでにくくなることも分かっています。

 

原因は目の中の毛様体小帯や水晶体が硬くなることですので、硬くならないようにケアを行うことで老眼もその発症を抑えることが出来るわけです。

 

特に疲れ目に関してはそれが続くことで目の筋肉が疲弊しますし、それにより老眼も悪化することが考えられます。そうならないためには毎日目の疲れをケアすることや、目を使った場合には定期的に目を休めることを徹底することが重要となります。

 

食生活の改善で老眼予防を

食生活の乱れはそのまま老眼を早めることにもなります。特に40代といった年代の場合食生活が乱れていることが多いですし、生活習慣の乱れも多い年代です。

 

食事に関しては特に重要であり、バランスの良い食事を心がけるのに加え、目の疲れを予防できるアントシアニンやビタミンB1やB2、ルテインやコエンザイムなどを率先して摂取することが重要です。

 

食事で摂取できれば最も良いのですが難しい場合はサプリを利用して成分を摂取するだけでも効果が得られますので食生活の改善を考えてみることが予防のポイントとなります。

 

ルテインサプリ紹介