MENU

老眼の症状と老眼鏡について

老眼の症状

最近、スマホの文字が読みずらくなった、ということはありませんか。老眼かもしれないけど、手元から少し離せば見えるからと、安心していませんか。

 

他にも、スマホを見ている時に、ふと遠くの壁にかかっている時計に目を向けると、すぐにピントが合わなかったり、明るいところではハッキリ見えていても、薄暗いところでは見えずらくなってしまう等。

 

こうした症状が起きるのは、目のピントを合わせる力が、年齢と共に弱ってきているからです。老眼の症状と老眼鏡についてご案内しますので、参考になさって下さい。

 

老眼とは

普段、私たちが物を見る時、目の中では水晶体というカメラのレンズに当たる部分が、遠くを見る時には薄く、近くを見る時には厚くなって、目の奥の網膜というフィルムに当たる部分に、ピントが合うように光を屈折させています。

 

しかし、水晶体は年齢と共に少しずつ硬くなっていくので、近くを見る時に水晶体が十分に厚くならず、ピント合わせが難しくなってきます。

 

誰でも、45歳を過ぎた頃から近くを見るのが、難しくなってきます。このように、年齢と共に水晶体が硬くなり、目のピント合わせの力が弱まった状態を老眼と言います。

 

老眼のその他に症状

加齢により起きる目の症状は、老眼だけではありません。年齢と共に涙の量が減り、目が乾きやすくなるのも加齢による症状の一つです。更に、目の中の瞳孔が、年齢と共に小さくなることも研究によって分かってきました。

 

瞳孔とは、目の中に入る光の入り口です。大きく開いたり、狭くなったりして、目に入る光の量を調節しています。瞳孔は、人それぞれ大きさが異なり、年齢と共に小さく変化していきます。

 

瞳孔が小さくなると、近くの物が見えにくくなるだけでなく、薄暗いところで見えにくくなるといった症状も出てきます。

 

ピント合わせと視線合わせ

ピントを合わせるという働きは、片目ずつの働きとなります。人は、ピント合わせと、右目と左目の視線合わせを同時に行っています。しかし、老眼が進み、ピント合わせが弱くなってくると視線を合わせる能力も低下してきます。

 

多くの老眼鏡は、片目ずつピント合わせをしているだけなので、使っているうちに、目に疲れを感じるようになってきます。目に合っていない老眼鏡を使い続けていると、目だけでなく内臓や脳などにも負担をかけることになります。

 

100円ショップなどで、老眼鏡が売っていますが、目に合っていないと結果的に老眼を進行させてしまうことになります。

 

眼科で眼鏡の処方箋を作ってもらいましょう

元々目のいい方が老眼鏡をかけると、手元は良く見えても遠くはボケてしまいます。そのため、眼鏡の上げ下げを何度も繰り返してしまうことになり、眼精疲労や首筋の凝り等を引き起こします。

 

遠近両用メガネは、慣れるまでに時間がかかりますので、使用する時間を少しずつ伸ばして目に慣らしていきます。毎日、デスクワークで目を酷使している方は、眼科で眼鏡の処方箋を作ってもらって老眼を作ることをお勧めします。

 

それから、遠近両用のコンタクトレンズを使用する場合は、瞳孔の大きさがクリアな視界を確保する鍵となっています。コンタクトレンズを装着した時、瞳孔の大きさとレンズの設計が合っていないと、クリアな視界を得ることができません。

 

また、遠近両用のコンタクトレンズも、なるべく早く使用して目に慣らしていくことが大切です。

 

ルテインサプリ紹介