MENU

自宅でできる老眼予防と老眼改善方法

老眼予防

40歳を過ぎた頃から急に近くの物が見え辛くなったり、夕方以降目が疲れるようなるなどの症状が現れた場合は老眼の始まりの合図です。

 

ただ老眼は老化現象に伴う誰にも起こる発生が有りうる病気となりますが、老眼は決して治らない病気ではなく改善する事もできるのです。

 

また自宅でできる簡単な老眼トレーニングをする事で老眼の予防にもなりますので詳しく見ていきましょう。

 

老眼の原因は水晶体を調節している毛様体筋、疲れた時には目を休める事

老眼は年齢の増加に伴い目に症状が現れますが、老眼の原因はカメラのレンズである水晶体とそのレンズを調節する毛様体筋が大きく関わってきます。

 

毛様体筋が緩む、締まる事で正確なピントを合わせてクリアに物を見る事ができますが、老眼は老化現象によりピントがずれることで近くの物が見えにくくなったり頭痛や肩こり、吐き気などを引き起こすのです。

 

スマホやPC作業などで目が疲れたと感じた時には目を休め目の筋肉をリラックスしてあげる事が大事です。時折遠くを見たりストレッチなどで血行を良くしてあげる事で眼精疲労や老眼の進行を遅らせる事ができます。

 

また閉じた瞼の上に温かいタオルを乗せる事で血行が改善され眼精疲労や老眼の予防にもなりますが、仕事中の少しの休憩でも両手をこすり合わせる事で発生する熱を利用し適度に押しながら瞼を覆うだけでも症状を緩和する事ができます。

 

特に大事な事が毎日の睡眠で睡眠をしっかりとる事で目を休める事ができストレス解消にも効果があります。

 

老眼を予防するために眼球運動のトレーニングを実践しよう

老眼とは毛様体筋の筋力の低下で症状として表れますので毛様体筋を鍛える事で老眼を予防できます。やり方は自宅でも簡単にでき両手で人差し指を作り肘を伸ばした状態で肩幅程度に開き、首を動かさず眼球だけを使って20往復させます。

 

ポイントは横運動だけでなく縦運動、斜め、前後運動も行いなるべく早く動かす事を意識して行う事です。またまばたきを繰り返したり、眼球をぐるぐる回す運動も効果がありますので取り入れてみる事をお勧めします。

 

たった眼球を動かすだけのトレーニングですが、本人も毛様体筋をトレーニングしている実感が多くあり継続して行う事で老眼予防もできますのでぜひ実践してみて下さい。

 

普段の食生活を見直し毎日の食事から老眼を予防しよう

目だけなく体の健康を考えるとバランスの良い食事を摂る事が重要でとなり普段の食生活の中に取り入れる事で老眼や眼精疲労の予防にも役に立ちます。

 

栄養素では黒豆やブルーベリーに含まれるアントシアニン、にんじんやほうれん草に含まれるビタミンAなどが代表的で積極的に毎日の食事で摂取する事を心掛けて下さい。

 

逆に過剰摂取すると目に悪いとされているのが糖質、油分、動物性たんぱく質などで目の健康を害するだけでなく体のあちこちに症状を来す事になります。

 

老眼と眼精疲労を予防するためにも目にいい食材を使用して栄養バランスが整った食事を摂る事が重要です。

 

ルテインサプリ紹介