MENU

年を取ると誰でもなる老眼、その症状と改善方法とは

老眼改善

老眼は加齢により起こる症状で、人が避けられない老化現象のひとつです。以前と視界が変わる為にショックを受けて、自分の老化を認めたくないという思いから精神的に不安定になる人もいます。

 

老眼について正しい症状や原因を知り、正しく理解することで気持ちを落ち着けて、老眼とうまく付き合っていける様にしましょう。

 

老眼の原因とは

老眼とは、老化に伴い近くの物が見えにくくなる症状です。人は物を見る時に、目の筋肉で水晶体の厚さを自動的に調整してピントを合わせているのです。加齢により水晶体の弾力が低下して、ピントが合わなくなってしまい、これが老眼の原因となります。

 

老眼というと近くが見えずに遠くが良く見える様になると思っている人もいますが、水晶体の弾力性が低下しているので、近くだけではなく遠くも見えにくくなっています。しかし遠くのものは細かくピントを合わせなくても形を捉えることができるので「遠い程良く見える」と思われているのです。

 

老眼の症状とは

老眼の症状といえば、40歳を過ぎた頃から発症して、近くの物が見えないということが挙げられます。まずは今まで至近距離で見えていた本やスマホ画面、資料などが、大きくぼやけて見えにくくなります。30センチ程目を離すと良く見える様になります。

 

また、薄暗い場所にいると文字が良く見えません。レストランのメニューが読めずに明るい場所に持っていく様になります。朝の明るい時間帯には視界は良好ですが、夕方になると段々見えにくくなってきます。

 

見えにくいことから目が疲れ易く、肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。

 

老眼の治療法はあるのか

老眼は自然な老化現象であり、特に眼下に通ったり、治療を受けることはありません。対処法としては老眼鏡やコンタクトレンズで矯正することになります。

 

老眼はレベルにより分けられていて、雑貨店や100円ショップでも老眼鏡を購入することができます。但し自分に合った老眼鏡を使用しないと、頭痛や吐き気の原因にもなるので注意が必要です。

 

老眼は治療法がないと述べましたが、最近では「伝導性角膜形成術」という治療法を導入している眼科もあります。この手術は、眼の角膜に高周波エネルギーの「ラジオ波」を当てて、形状を整えて、ピントを合わせ易くするという方法です。

 

「伝導性角膜形成術」を受ければ裸眼で正常な視力で生活ができますが、費用が高いこととまだ実例数が少なく、将来的に副作用が起きないとは立証されていないのが現状です。

 

老眼の対処法としては、これ以上視力の低下を防ぐことになります。その為には普段の食生活を見直し、眼に良い栄養素を摂取することが大切なのです。

 

眼に良いとされている栄養素には「アントシアニン・ルテイン・コエンザイム・ビタミン類」があります。ブルーベリーはアントシアニンが含まれていることで知っている人も多いでしょう。

 

ルテインはほうれん草に多く含まれています。コエンザイムは青魚と豆類に多く含まれています。ビタミン類は眼の疲労を防ぐ為に効果的です。これらの栄養をバランス良く摂取して、眼の疲れを回復させる様にしましょう。

 

また、その他にも目をゆっくり回す等して目の筋肉を鍛えたり、適度な運動をしてストレスを溜めない、ということも効果的です。老眼を少しでも改善させる為には身体の代謝機能を上げて、老化を防止することを考えましょう。

 

ルテインサプリ紹介