MENU

スマホ老眼のメカニズムと予防方法について

スマホ老眼

スマホは現代ではかかせないアイテムになっています。スマホ依存症になる人がいるくらい、スマホは日常生活を送る上でも仕事をするときにも大切な情報源になっています。スマホが無い日常を考えられない人もいるでしょう。

 

しかし、スマホは便利なだけではありません。スマホを長時間使い続けることで「スマホ老眼」になってしまう人もいます。

 

スマホ老眼とはいったい何でしょうか?今回はスマホ老眼のメカニズムと、スマホ老眼の予防方法についてお伝えしたいと思います。

 

スマホ老眼とは何か?

スマホ老眼とは、スマホを長時間使っていることで起きる老眼のような症状です。

 

例えば、「遠くは良く見えるのに、近くのものが良く見えず疲れてしまう」「文字が小さい場合は、少し離すことで良く見えるようになる」などの症状がある場合です。これは老化現象による老眼に似た症状ですが、スマホを近くで見続けることにより、若い人にもこのような症状が出るのです。

 

スマホを長時間使い続けると、目のピントを調節することが難しくなります。ピントを合わせてくれる「毛様体筋」が酷使されてしまい、上手くピントを調節することが出来なくなることが原因です。

 

スマホ老眼の予防方法・目を休める

スマホ老眼にならないようにするためにも、予防方法をお伝えしたいと思います。

 

スマホ老眼にならないようにするには、目を酷使しないことです。スマホを使い続けることで目は疲労してしまい、毛様体筋が上手く調節してくれなくなってしまいます。スマホばかりに気を取られないようにしましょう。

 

スマホを長時間使い過ぎていると思ったときは、目を閉じて目を休ませてください。目を閉じることで脳も休むことが出来ます。スマホから目を離して、遠くの景色を見つめることもスマホ老眼の予防方法に繋がります。

 

スマホ老眼の予防方法・サプリを摂取する

目を酷使していると、目に疲れが蓄積してしまいます。自力ではなかなか疲れが取れなくなる慢性疲労状態になってしまうこともあります。

 

そういうときは、サプリを摂取して目の疲れを取りましょう。目に良いとされるブルーベリーには視力を回復させる効果が期待出来ます。ブルーベリーのサプリを日常的に摂取するようにすることで、スマホ老眼にも効果があります。

 

ブルーベリーの他には、カシスやルテインなどが視力回復の効果があります。

 

サプリは万能薬ではありません。あくまでも健康食品の1つであり、薬ではありません。サプリを続けて摂取していないと効果が出ないという特徴もあります。サプリでスマホ老眼を治療することは出来ませんが、予防をしたり目の疲れを取る効果があります。

 

1番スマホ老眼の予防方法になるのは、スマホを使う習慣を少しでも減らすことです。目を休める習慣をつけることで、サプリも必要なくなります。サプリはあくまでも補助的なものであると認識した方が良いでしょう。

 

ルテインサプリ紹介