MENU

緑内障

緑内障は、目から入ってきた情報を脳に伝達する神経に障害が起こることで、視野が狭くなる眼病です。緑内障は、処置が遅れると失明することもある、危険な眼病です。緑内障になると、年齢と共に、少しずつ視野が狭くなっていき、見える範囲が狭くなっていきます。また両目とも緑内障が進行が早くなることは基本的にはないので、自覚症状がありません。自覚症状がないため、気づいたころには、非常に危険な状態になっていることも考えられます。このカテゴリでは、緑内障に関する情報を提供します。これをきっかけに、症状を感じていないくても、定期的に眼科に行くことをおすすめします。

緑内障|ルテインサプリ徹底比較BEST5記事一覧

徐々に視野が狭くなると言われている緑内障。40歳以上では、20人に1人がかかっていると言われています。緑内障は、視神経に障害を受けて、それに伴い視野が欠けてきて生活に支障をきたす眼の病気です。緑内障にルテインが効くのかどうか調べてみましたので、参考にしてみて下さい。緑内障とは初期の緑内障は、中央にぼやけて見える箇所が出来てきます。この程度だと、自分が緑内障であるという自覚がなく、気付くことが難しい...

目が見えるということはとても重要なことであり、日常生活を平穏無事に送ることが出来ているのも目があるからこそだと言えます。しかし目の病気を患うとその平穏も一気に瓦解してしまうことになり、特に緑内障という症状に関してはその後の生活がとても生活しにくくなるためその原因と症状、対策法を知ることが必要となります。緑内障とはどんな病気?緑内障は白内障と並び非常に多い目の病気です。緑内障を発症するのは20人に1...

緑内障とは、眼球から得た情報を脳に伝達する(視神経)に障害が起こる事で、目で見える範囲が通常より狭くなる病気を言います。この障害の原因は、一般的に眼圧の上昇と言われています。治療が遅れる事で、失明する可能性もありますので視界の状態を十分に把握してください。しかし緑内障での自覚症状は殆どありません。視野が少しずつ狭くなるため、症状の進行に気づかないと言う人が殆どです。急性の緑内障では、急激な眼圧上昇...

緑内障の治療には、レーザー治療や手術といった方法があります。どのような場合に、行われるのか治療は難しいのかなど、緑内障の治療を受けている方にとっては、非常に気になります。緑内障のレーザー治療と、手術についてご案内しますので、参考になさって下さい。レーザー治療緑内障のレーザー治療には、大まかに2つの方法あります。1つ目は、急性の緑内障に対して、虹彩の一部を切るためのレーザーです。この手術は、レーザー...

緑内障と言うのは視神経が眼圧等で圧迫されて、視野が狭まったり見えなくなる部分が発生する目の病気の一種です。失明リスクもある高齢者の病気という認識がされてきたものですが、現在では40代以降から発症リスクが高まり低年齢化傾向があります。まずは病気の特徴を知って、予防対策に有効な3つのポイントを押さえながら対応していく事が望ましいです。解り難い緑内障の初期症状について自覚症状が見られにくいという特徴があ...

目の問題なんて抱えたことないし、見え方がおかしいと感じたこともない!緑内障はお年寄りの人がなるもので、自分には関係ない…そう思っていませんか?実は、そんなことはありません。緑内障になるのはお年寄りの人だけでなく、若い世代の方々も他人事ではないのです。緑内障とは、静かに進行してゆく病気です。そして同時に、完治の見込めない病気です。あなたも緑内障の知識を持ち、日頃から目を労わった生活を送りましょう。こ...

緑内障の予防に期待できるものをまとめてみました。どのような食事を摂取していき、どのような生活を送るべきなのか、さらには、それらについてどのような効果が得られるかを解説していきます。緑内障に至る根拠の一部因果関係は定かとはいえものの、長時間うつむいたままで作業をし、ネクタイを強く結ぶなど窮屈な服装をしたり、カフェインの過剰摂取に加え、血流悪化などが、緑内障になる可能性を上昇させるとされています。抗う...

一度緑内障により欠けた視野を、治療によって元通りに回復させることは不可能とされています。ただ、元通りに回復させることは不可能であるにしても、緑内障の進捗を食い止めることは可能であって、緑内障の治療とはこれ以上症状を大きくしないものなのです。治療で重要なことは、視神経が阻害されている部分につき、視野障害に至った要因を除去することにあるといえます。点眼薬による治療点眼薬による治療とは、眼圧を1mmHg...

緑内障とは、視神経に障害が生じることによって、視野が狭まってくる病気のことです。症状が進捗し適切な治療がなされないまま時間を経過させれば、失明に至る場合もあることから、眼病のなかでは特に注意を要します。症状については、徐々に視野が狭まってくるものですが、その進捗自体は相当遅いばかりでなく、両目ともに症状が進捗することはレアケースであることから、相当病状が悪化した段階でなければ気付くことが難しい厄介...