MENU

【緑内障の予防まとめ】緑内障の予防に効果的な数々の方法とは?

緑内障の予防に期待できるものをまとめてみました。
どのような食事を摂取していき、どのような生活を送るべきなのか、さらには、それらについてどのような効果が得られるかを解説していきます。

 

緑内障に至る根拠の一部

 

因果関係は定かとはいえものの、長時間うつむいたままで作業をし、ネクタイを強く結ぶなど窮屈な服装をしたり、カフェインの過剰摂取に加え、血流悪化などが、緑内障になる可能性を上昇させるとされています。
抗うつ剤やステロイドについては、緑内障を発症させる可能性を飛躍的に高める眼圧向上の要因となるとされています。

 

定期検診を行う

 

緑内障は一度発症してしまい、視野に欠損が生じてると、その部分については二度と戻らないとされています。予防ではなく早期発見のためには定期検診しか手段はないといえます。
もし緑内障が生じてしまえば、生涯を通じて治療していかなくてはならないのです。よって、早期発見こそが最大の予防法といえます。

 

検査

緑内障には、眼圧自体に左右されない正常眼圧緑内障と呼ばれるものもあります。眼圧以外に視神経を阻害している要因があるわけなのです。

 

正常眼圧緑内障の場合、自覚症状がほとんど見られないことが特徴です。眼圧チェックのみでは、このタイプの緑内障の発見は困難であるために、視野がどの程度であるかを検査しなければなりません。ただ、一般の人が視野検査をしても視野に欠けが生じているかは、特に初期段階ないし中期段階であれば容易には判明しないために専門の眼科などで検査することを推奨します。

 

眼圧を高めれば緑内障を生じる余地が出てくるのですが、眼圧が正常値を示している場合であっても緑内障を生じる余地はあることにも注意が必要です。

 

ガム

北里大学医療衛生学部の浅川賢教授によれば、ガムを噛むことによって緑内障の予防に期待できるというのです。臨床実験でなく基礎実験ではあるものの、ガムを噛むことにより、眼圧低下が認められたとのことです。その効果たるや、一過性のものではなく、ある程度の期間継続するようです。

 

ガムと眼圧との因果関係については、自律神経を整える作用や目の血流改善効果に期待できるとのことです。同教授によれば、ガムの噛む時間の目安として1日あたり20分ほどが良いとしています。

 

緑内障予防のための効果的な栄養素とは

 

一度視野に障害が生じてしまえば、回復することがないとされている緑内障については、進捗を抑えたり、未だ緑内障を生じさせていない人が緑内障にならないための予防のもと、食材から必要とされる栄養素を得ることも重要なことです。

 

緑内障が生じる要因は、正確か不正確かはさておき、諸々叫ばれているようですが、果たしてそれらが医学的に解明されているものといえるかについては大いに疑問が生じる余地があるといえます。

 

緑内障に至らないように、あるいは緑内障の進捗を抑えるためには、平生からの生活を改めることからスタートしなければならないともいえます。特に食事面については、必要不可欠となる食材を積極的に摂取していくことは緑内障の予防に際して、効果が期待できるといえるでしょう。

 

現代の日本人は、生活習慣が欧米化するとともに、多種多様な生活習慣病が顕著となっています。具体的には脂肪分の摂取過多によって、血液がドロドロになっていき、これによって血流が阻害されていき、ひいては緑内障の発生にも関係しているとされているのです。

 

そうしたことから、野菜に含有されている各種栄養を積極的に摂り入れるとともに、抗酸化作用を有する食材も摂取することによって、緑内障を予防することにも繋がってくるものとされているわけです。

 

さらには、近時において、ストレス社会になっていることも緑内障を生じさせる大きな要因ともされています。その原理は、ストレスが過大になることによって、免疫力を弱体化させていくことが引き金となり目の房水に汚れを生じさせやすくなることから、隅角と呼ばれる部分を詰まらせるに至り、結果緑内障を発症させる蓋然性を向上させるわけなのです。

 

そのような見地に照らせば、肝機能を回復ないしは増強させることによって緑内障の予防に期待できるかもしれません。そうすると、肝機能の向上効果のあるとされている食材を摂取することによって、緑内障の予防となり得る可能性があるといえるのです。

 

そこで、緑内障の予防に期待できる栄養素を含有する食材を列挙していきます。

 

アワビやサザエ、トコブシや牡蠣など海に生息する生物

 

古来よりアワビを食していれば、目に優れた効果があるとされていたようですが、その根拠とは、含まれているタウリンや亜鉛などといったミネラルにより肝臓に働きかけるからです。そして、肝機能の機能向上により、目にも効果を発揮するとされているのですよ。

 

そして、アワビにはビタミンAが大量に含有されているのですが、これが不足することによって暗所での視認性が低下するとされています。ビタミンAを大量に含む食材としては、ほかにも鶏レバーが該当します。

 

ルテインが含まれているほうれん草やケールなどの緑黄色野菜

 

ほうれん草100グラムにつき、5mgものルテインが含有されています。
ほうれん草以外には、ブロッコリーやレタス、カボチャなどにもルテインは含有されているのです。このルテインについては、油により調理するとさらに吸収効率を高めることができるのです。
ルテインを摂取することにより、眼精疲労にも効果があるとされ、目に直截に良い影響をもたらしてくれます。

 

アントシアニンが多量に含有されているブルーベリーやカシス

目に効果のある成分として謳われているアントシアニンですが、ブルーベリーやカシスに多く含まれています。
アントシアニンの効果としては、網膜に存在する細胞であるロドプシンの酸化を抑制する効果に期待できるようです。将来的にどのような事項が解明されるかに期待が持てますね。

 

そして、カシスに含有されている成分で目に効果のあるものを挙げるとなれば、βカロテンが該当します。

 

またルテインも有効です。ルテインを摂取するには、ルテインサプリメントを利用するのがおすすめです。