MENU

40代以降に注意したい緑内障の予防対策に有効な3つのポイント

緑内障

緑内障と言うのは視神経が眼圧等で圧迫されて、視野が狭まったり見えなくなる部分が発生する目の病気の一種です。

 

失明リスクもある高齢者の病気という認識がされてきたものですが、現在では40代以降から発症リスクが高まり低年齢化傾向があります。まずは病気の特徴を知って、予防対策に有効な3つのポイントを押さえながら対応していく事が望ましいです。

 

解り難い緑内障の初期症状について

自覚症状が見られにくいという特徴があり、視野が欠ける緑内障は40歳前後辺りから発症しやすくなります。

 

発症していても自覚症状が見られず進行している事すら気が付かないという例も多く、まず第一に有効な予防対策としては眼科で定期検診を受ける事が有効です。

 

近年はスマホやパソコンの普及で眼を酷使している若者も多くなっていますから、22.30代のような若年層でもこの病気に発症する例が多くなっています。

 

眼圧が高まる事で症状が現れると考えられていますが、正常な眼圧でも発症するものがあり、正常眼圧タイプのものは原因が明確では無いです。

 

慢性的な眼精疲労やストレス、血流悪化といった色々な要因が重なって視神経へのダメージから発症するリスクが高くなります。

 

初期症状が不明瞭であり、原因も解り難いタイプがありますが、いずれにしても若年層でもなりえる病気で40代以降は特に注意が必要です。

 

ですから予防対策として定期健診を受け、専門知識を持った方に常に見てもらう事が有効と言えるでしょう。

 

具体的な自覚症状の代表例は視野欠損、他には急に眼が充血したり目が痛くなったり、吐き気や頭痛などの体調不良等が挙がります。

 

食事から行える予防対策

眼圧が正常なタイプの緑内障はあるものの、一般的には眼圧を高めないような予防を行っていく事が望ましいです。

 

そこで重要な事は目の健康を維持していく為にも、バランスの取れた食事内容が有効な対策となります。

 

定期健診を第一の対策ポイントして挙げるとすれば、食事や生活習慣改善が第二のポイントと言えるものです。

 

有益な栄養素としてはビタミン類の摂取であり、免疫力アップに繋がるBや目の粘膜を強化するC、血流改善に繋がるEを採り入れる事はおすすめと言えます。

 

血流改善が眼圧を下げる要因となりますから、血行不良や冷え症を防ぐ事が有効であり、運動習慣を身に付けたりストレスによる血管収縮を避けたりする事は有効です。

 

睡眠不足も血流悪化に繋がってストレスを増幅させますから、食事内容を整えながら生活習慣を全般を見直す事は、眼の病気だけではなく体全体の健康にとっても必要になります。

 

目薬やレーザーによる治療対策

緑内障治療対策の第三の方法としては、目薬を活用して治るものは目薬だけで治療対策する事が可能です。

 

目薬によって回復を促して結果を出せるならば、最も簡単に治ってくれて良いのですが、それでも対応出来ない場合はレーザー治療を行う選択肢があります。

 

眼圧が高まる原因になる眼内の液体の流れを正常化する為に、流れを妨げる要素をレーザーで対応するというものです。

 

レーザー治療で対応出来ない時は手術という選択になりますから、悪化させない前に定期健診を受けたり、食事内容や生活習慣の改善によって早期対応する事が望ましいと言えます。

 

ルテインサプリ紹介