MENU

目の飛蚊症はなぜ起こる?目の飛蚊症の原因と対策

目の飛蚊症についてご存知ですか?名称のみをご存知の人もいらっしゃることでしょうが、これは目にできる症状なのです。飛蚊症の名称は、実際には蚊のような虫がいないにもかかわらず、目の濁りのために蚊が飛んでいるように見えてしまうことに由来しています。

 

そのような話を聞いて、「何だ、そんなことか」と思われる人もいるかも知れませんね。しかし、何らも無害というわけでもなく、眼病の疑いがあったり、そうでなくても時として日常生活を阻害しかねない事態をも惹起することもあるのが飛蚊症なのです。

 

高齢者のうちの何割かが目の飛蚊症を患っているようですが、若年層であっても飛蚊症が蔓延しているようですね。当記事では、年齢層に関わりなく生じる恐れがあるとされている目の飛蚊症について、原因と対策を解説していきます。

 

飛蚊症とは

飛蚊症とは、目の濁りが原因となって、ある物体を見ている際に実際にはいないにもかかわらず蚊のようなものが浮遊しているように見える症状を、医学的に総称したものです。

 

目線を移動させれば、それに追従するかのようについて回ることもよくあることです。また、「蚊」の態様についても一様ではなく、サイズや形状も諸々であって、酷い場合には明らかに視認性を阻害することもあります。

 

そして、年齢にかかわらず生じるために、児童から80代の高齢者に至るまで幅広く症状を有している人が存在します。

 

目の飛蚊症の原因

飛蚊症に至る原因には、様々なものが存在するのですが、生理的な原因によるものと、網膜剥離や先天性のものなどの病的なものとに大別できます。このうち多いのは生理的な原因のほうです。

 

目の構造に照らして飛蚊症を解析していくと、目、つまり眼球を構成するものは、主として硝子体と呼ばれるゲル状のものが多くを占めています。この硝子体に対して紫外線やブルーライトなどが悪影響をもたらすことによって、活性酸素を生じさせタンパク質や脂質を酸化させていきます。そのような次第で、硝子体が変化するために、飛蚊症に至るわけなのです。

 

若年層であれば、硝子体に生じた活性酸素を分解するための酵素が分泌されやすいのですが、加齢に応じて、この働きが衰えてくるために、酸化の抑制がかなわず飛蚊症が生じやすくなるのです。
しかし、近年では、若年層であっても酵素が充分にない場合も顕著であることから、正常な硝子体を有しないことにより飛蚊症を生じる人も少なくありません。

 

ただ、生理的要因により生じた飛蚊症であれば、抗酸化力を向上させていくことによって予防や対策を行うことが可能なのです。

 

飛蚊症の予防や対策について

目の飛蚊症のうち、生理的要因を端緒とするものは、硝子体が酸化することによるものです。この酸化は体中の至る部分と同様に、活性酸素により生じるために、飛蚊症を予防するためには活性酸素を生じさせないようにすることが重要です。

 

具体的に活性酸素を生じさせるものを挙げると、まず紫外線が該当します。この紫外線がタンパク質や脂質を酸化させることによって、見ることを阻害するわけなのです。

 

 

紫外線の保護のためにサングラスやUVカットをした眼鏡などをかけたり日傘をさすなど、とにかく紫外線を浴びないように心がけると良いでしょう。そして、ストレスやあまりに過度なスポーツ、それに生活習慣の乱れなども活性酸素を生じさせる原因となってきますから、避けるに越したことはありません。

 

飛蚊症に至る最大の要因とされているものが、上記で述べたとおり活性酸素による老化です。この老化により硝子体を変質させることから、飛蚊症になるわけなのです。老化防止のためには、ビタミンAやβカロテン、それにビタミンEやCが多量に含有されている野菜やフルーツなどを摂取すると良いとされています。
このうち、特にバナナには老化防止作用があるとされています。

 

また飛蚊症サプリメントを飲むのも良いでしょう。

 

睡眠についても量ではなく質を向上させていくことにより老化防止作用が生じてきます。質の良い睡眠を確保するためには、不規則な生活をせずに、就寝前にスマホやPCなどの光を浴びないようにすることが重要です。

 

⇒ルテインサプリメントはこちら