MENU

飛蚊症の原因と対策について|実はルテインが予防のカギ

飛蚊症の原因と対策

突然ですが皆さんの目は健康的でしょうか。視力が悪かったり乾燥しやすかったりと目のトラブルは数ありますが、すごく身近なのに名前があまり知られて無い症状もあるんです。

 

その代表的なものに「飛蚊症(ひぶんしょう)」があって、これは視界の中に「ごみ」のようなものが常に見えてしまう症状です。実は潜在的な発病者数はたくさん居ることが分かっています

 

ではそんな飛蚊症の発生理由と解決法を探っていきましょう。

 

飛蚊症が起こってしまう原因とは

飛蚊症は具体的に言うと、大きなチリが宙に浮いているように見えてそれが視界の方向を変えても同じ位置(右上なら右上のまま)にずっと見えます。
これは眼球の部位の一つである「硝子体」に濁りがあるからなんです。

 

硝子、とは言っても実際はプルプルしたイメージで逆にその前にある「水晶体」はもっと硬いですね。

 

硝子体は意外と流動的だと言えますが、滞りが生まれることもしばしばあります。最も多い原因は活性酸素によって硝子体の一部が劣化してしまうことです。

 

太陽光には有害な光も含まれていて、それは完全に除去出来ることは無く硝子体などは少なからずダメージを受けます。普通は免疫機構が正常に働いて、ダメージを受け濁った部分は解消されます。

 

しかし体全体の免疫力が落ちている場合は、濁りの解消もままならなくなるため飛蚊症が発生しやすいのです。眼球では有害な光によって活性酸素が現れ、視界の「ごみ」は生活の妨げになってしまいます。

 

パソコンやスマホ…現代は飛蚊症になるリスクがとても高い

特に現代では飛蚊症は発症されやすいと言われていて、それには過度なデスクワークも関係しています。オフィスで働く人の多くが毎日パソコンを利用していることでしょうが、パソコン画面を長時間見ていると目に疲労は溜まりやすいですしストレスも大きいです。

 

ストレスは目だけでは無く体全体を弱くしてしまいますし、免疫も落ちるでしょう。さらに飛蚊症は近眼の人に多く見られるという相関も認められています。急に視界の前にごみや歪みが見えた場合、とても驚くことでしょう。

 

しかしそれでもあまりこの病気が浸透されていないのは、視界に「ごみが見える」のは自然なことと思っている人も多いからです。近年では幼少期から飛蚊症を患っている人も少なくありません。

 

常に視界が歪んでいるのが当たり前だと思うのは無理もありませんし、逆に大人になって初めて発症した人の場合はすごく驚くはずですし恐怖も感じると思われます。

 

そもそもは加齢で起こることが多い病気なので、現代の今の状況は発症が早くなっている傾向にあると言えますね。

 

ルテインを生活に取り入れて症状の改善が期待出来ます

原因を探っていって分かって来るのは、「体の免疫を上げること」と感じるはずです。活性酸素を除去できるよう免疫能力を上げておくには、健康的な生活とストレス発散だと言えます。

 

具体的に効果のある「成分」を上げるとしたら、ルテインがうってつけでしょう。ブルーベリーに多く含まれているアントシアニンという健康成分も、目に優しいです。

 

⇒ルテインサプリの選ぶ際に確認したい5つのチェックポイント

 

効果的に摂取するにはサプリを利用するのが簡単ですし、続けやすいかと思われます。食生活や睡眠などもしっかり整えて、大事な目を労わっていきましょうね。

 

飛蚊症サプリメントを知りたい方は、一覧にした記事をご覧ください。

 

ルテインサプリ紹介