MENU

出来てしまった飛蚊症は治らない?

飛蚊症

飛蚊症になると、物を見ている時にいつも蚊が飛んでいるような、黒い物体が見えてしまいます。視線をずらしてもついてくるし、糸くずのような形だったり、ゴミのようだったり、その形は様々ですが、明るいところや背景が白いところでは、よりハッキリと見えてきます。

 

飛蚊症があると、日常生活送る上でもとても気になってしまいます。

 

飛蚊症の2種類の原因

まず、飛蚊症には大きく2つの原因に分けて考えられており、生理的な原因と病的な原因があります。

 

生理的な原因の飛蚊症は病気ではありません。目の中は透明なゼリー状の硝子体で満たされていますが、この硝子体の成分が年齢とともに変化して、シワのようなものが出来たりします。そこに濁りが出て、影が網膜に映ってしまい、黒い塊となって見えるようになりまます。

 

ですが、網膜裂孔や網膜剥離といった病気に繋がる事もある為、注意は必要です。

 

生まれつきの飛蚊症も症状に変化が見られない限り、あまり心配する必要はありません。胎児は母体内で硝子体に血管が通っていますが、眼球が完成すると血管は無くなります。

 

しかし、生まれた後にも血管の名残りが残ると、濁りとなって飛蚊症の症状を感じます。

 

病気が原因となる場合、まず心配なのは網膜裂孔、網膜剥離が挙げられます。網膜に穴が開いてしまう網膜裂孔や網膜が剥がれた状態の網膜剥離では、症状がない場合もあります。病状が進んだ時には視野が欠損したり、視力が低下し、最悪失明の危険もあります。

 

病気や外傷が原因で硝子体出血が起こった時に、軽度な場合は、飛蚊症のような症状を感じます。ぶどう膜炎では硝子体に濁りが出来る為、飛蚊症が起こります。ぶどう膜炎になると、眩しかったり、目の痛みや充血、かすみがかって見えたり、視力が低下するといった症状を伴いやすいです。

 

しかし、生理的なものか、病的なものか、自己判断は難しいので、きちんと診断してもらいましょう。

 

飛蚊症における2つの対策方法

目の中に満たされているゼリー状の硝子体は、老化が原因で変化します。目は外から入ってくる光を網膜に写して物が見えるのですが、同時に紫外線も浴びてしまいます。紫外線が目に入ると、硝子体に活性酸素が生じ、たんぱく質や脂質を酸化させます。

 

若いうちは活性酸素を分解する酵素が分泌される為、酸化を抑えて飛蚊症も防がれます。それが、歳をとるにつれ酵素の分泌が減って、酸化を止める事が出来なくなり、飛蚊症が起こります。

 

このような加齢による飛蚊症では、活性酸素が原因となっているので、活性酸素を生み出す紫外線対策が必要になります。外出する際には、少しでも紫外線から目を守るよう紫外線カットのサングラスをするなど、気をつけると良いでしょう。

 

また、ブルーライトを発するスマホやパソコン、テレビを見続ける時間も減らすようにします。ブルーライトは紫外線に次いで、高いエネルギーを持っていると言われています。目にも刺激を受けやすくなります。最近では若い人にも飛蚊症が増えてきています。

 

また、酸化物を分解するのに酵素が必要です。しかし、酵素は加齢などが原因となり、不足します。そこで、酵素が分泌されるのに必要な栄養素を補うことも大切です。

 

抗酸化作用を持つルテイン、活性酸素を除去する作用を持つアントシアニンが目の老化のスピードを遅らせてくれます。ただし、出来てしまった飛蚊症を治すというものはないので、普段からしっかり対策をしておくことで、硝子体の老化を防ぎます。

 

ルテインやアントシアニンを補うなら、飛蚊症サプリメントがおすすめです。

 

ルテインサプリ紹介