MENU

飛蚊症が起きる原因と症状、予防方法とは?

飛蚊症

目に異常を感じる症状にも様々なものがあり、その中の一つに飛蚊症と呼ばれる症状もあります。この飛蚊症は年齢を問わず誰でも発症する可能性がありますし、軽度の症状だからと放置ておくと症状の悪化を招くことも考えられ、最悪の場合は更なる目の病気を引き起こす恐れもあります。

 

飛蚊症とはどんな症状?

飛蚊症とはその名の通り視界に蚊が飛んでいるようなものが見える症状となります。

 

実際には何も飛んでいませんが、飛蚊症の症状を発症した場合には何もないはずなのに蚊やごみのようなものが見え隠れすることになり、症状によってはその見えている物体が動いているように見えることも有ります。

 

この飛蚊症は常に何かが見えるわけではなく、見えたり見えなくなったりするため厄介で、症状が治まることも有るためなかなか病院で検査などをしない人も多いと言えます。

 

しかし放置することで網膜裂孔などの病気が発症してしまうことも考えられますし、生理的な原因なのか目の病気によるものなのかを正しく調べないと視力を失うことにも繋がる症状だと言えます。

 

飛蚊症の原因とは?

飛蚊症の症状を発症するメカニズムとしては、人間の目は目の中に硝子体と呼ばれるものが詰まっているのですが、その硝子体にしわが出来ることでそのしわの影が網膜に映り込むことで蚊やごみが飛んでいるように見えてしまいます。

 

要するに硝子体の状態がそのまま飛蚊症の症状に直結しているわけで、硝子体が正常な状態であれば飛蚊症の症状は発症することがありません。

 

この硝子体の状態の変化は目の病気によるものと、生まれつきの飛蚊症、そして生理的な原因によるものがあります。病気の場合は網膜剥離などによるものが多く、それを放置していると失明する危険性もあります。

 

生理的な原因の場合は目を酷使した場合などに起こりやすいですし、老化によってもしわが出来やすくなるので飛蚊症の症状を発症しやすくなります。生まれつきの場合は先天的なものなので老化や病気が原因ではなくもともとの目の構造に問題があると言えます。

 

飛蚊症を予防するには?

飛蚊症を予防するには日頃の生活習慣も大きく関係してきますし、目に衝撃を与える様なスポーツなどをしないことも重要となります。

 

疲れ目による飛蚊症の場合、目を酷使する仕事の場合にはよく症状が発症しやすくなりますし、疲れた目のままさらに作業を行うと飛蚊症が悪化してしまうことにもなります。

 

ボクシングなどのスポーツも基本的には厳禁で、目に衝撃を与えることで目の構造に問題を生じることがあるのでそういった衝撃を受けないようにすることも重要となります。

 

目という部分も使えば疲れを溜めますし、衝撃を与えれば構造に異常を生じる可能性も高くなるので、日頃の生活において目を労わることも必要となるでしょう。

 

目の疲れを取り除けるルテインやアントシアニンなどを摂取するのも効果的な予防法ですので、食事などにも気を付けて出来るだけ効果のある成分を摂取するとよいでしょう。

 

ルテインやアントシアニンは、飛蚊症サプリメントを活用した方が、豊富に摂取することが可能になります。

 

ルテインサプリ紹介