MENU

うっとおしい飛蚊症、原因と改善方法はあるのか

飛蚊症

飛蚊症は自分の視界だけに表れる症状で、他人からは全く理解して貰えないことから我慢してしまう人も多くいます。毎日不快な思いを我慢していると、段々とストレスが溜まってしまうこともあります。

 

飛蚊症の原因は何なのか、良い治療方法はあるのかを知り、少しでもストレスを改善していきましょう。

 

飛蚊症とはどの様な症状なのか

飛蚊症(ひぶんしょう)とは、視界に黒い虫やゴミの様な点々が飛んでいる様に見える症状です。視線をずらすと、その点々は同じ方向に移動してきます。動き方が不安定であることから、まるで目の前を蚊が飛んでいる様に見えることから「飛蚊症」と言われています。

 

飛蚊症は普段気が付かない時間もあるのですが、視線をそらした時や、白いものを見た時に見え易くなります。一度気になってしまうと常に意識してしまう為に、焦点が合いにくくなりイライラする人もいます。

 

飛蚊症の原因は

飛蚊症の多くは、加齢により起きる「生理的飛蚊症」であり、特に心配はいりません。しかし中には放置していると視力が低下してしまう「病的飛蚊症」もあります。

 

生理的飛蚊症

生理的飛蚊症は、加齢により眼球の内壁が剥がれて、その物質が眼球内に存在している為に起こります。眼球内には硝子体(しょうしたい)と呼ばれる透明なゼリー状の組織があり、その成分は99%以上が水分で構成されていて、その他に僅かな繊維が存在しています。

 

飛蚊症の原因は、繊維を含む硝子体が剥がれて、透明なゼリー状の硝子体の中にふわふわと浮いて存在している影なのです。

 

硝子体の剥離は加齢によるものですので誰にでもあり、病的なものではありません。何年も症状が続けば慣れてしまい、気にならなくなる人も多くいます。

 

病的飛蚊症

病的飛蚊症は、症状が飛蚊症と良く似ているので特に気にせず放置しておくと、段々と症状が悪化して視力が低下したり、重大な目の病気を引き起こす可能性があります。病的飛蚊症には下記の様に幾つかの症状があります。

 

網膜裂孔(もうまくれっこう)・網膜剥離(もうまくはくり)

眼球には網膜といわれる神経で構成された膜があり、光を感知する役割をしています。「網膜裂孔」とはこの網膜に裂け目や穴ができることで、「網膜剥離」とは網膜が剥がれてしまうことです。これらはいずれも飛蚊症と同じ症状が表れます。

 

ただの飛蚊症だと思って放置していると、段々と視野が狭くなり、視力が低下していきます。網膜は痛みを感じない組織ですので、早期発見をすることが大切です。

 

硝子体出血

硝子体出血は、眼球が圧迫されたり糖尿病や高血圧が原因で、硝子体に内出血が起きる症状です。出血が軽い場合には飛蚊症の様に見えますが、重度の出血の場合には視野がぼやけたり暗くなったりします。

 

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎は、眼球の血管が集中している組織である「ぶどう膜」に炎症が生じる病気です。飛蚊症と同じ症状を伴い 視界がぼやけたり、痛みを感じるのが特徴です。

 

飛蚊症を治すことはできる?

生理的飛蚊症の場合、現在のところ治療方法はありません。現代の医学では硝子体に浮遊している物質を取り除くことはできないとされています。

 

但し、病的飛蚊症の場合には、その疾患を見つけて治療することで、飛蚊症を改善させることができます。生理的飛蚊症を改善したいと思ったら、食生活を見直して身体のデトックス効果を高めることが大切です。

 

抗酸化成分が含まれている「ビタミンE・ビタミンC・ポリフェノール・ベータカロチン」等が含まれた食品を摂取する様にします。

 

更に、体内に活性酸素を増やさない様に「紫外線を長時間浴びないこと」「ストレスを溜めないこと」「飲酒や喫煙を程々にすること」に注意すれば、飛蚊症の進行を抑えたり、体質により改善させることもできる様になります。

 

また飛蚊症サプリメントも活用すると、よりアイケアができます。

 

ルテインサプリ紹介