MENU

目に違和感?それは飛蚊症の症状かもしれません

飛蚊症

目の前に何か虫のようなものが飛んでいるように見えることがある症状。それが飛蚊症という病気です。

 

飛蚊症は、何となく聞いたことはあるけれど、実際はどんな病気か分からないという人もいるのではないでしょうか。今回は、そんな飛蚊症の原因や症状についてご紹介します。

 

飛蚊症は、加齢によるものと病気で起こることがある

飛蚊症の原因は主に二つあります。その一つは、生理的に発生する飛蚊症です。生理的な飛蚊症は、加齢のために起こります。加齢により目の中の硝子体という部分がだんだん変化してくるのです。

 

もともと硝子体には、液体が詰まっています。年齢が増すとその中の液体が濁ることがあろ、これが飛蚊症の大きな原因となります。

 

また硝子体は、加齢とともにが萎縮して、網膜と癒着することもあるのです。癒着した部分が網膜から剥がれることにより飛蚊症が発生することもあります。

 

網膜から剥がれると、その部分が黒い点のように見えるために、虫が飛んでいるように見えるのですね。

 

この生理的なものは、60代前半ごろから見られるようになります。または白内障の手術を受けたあとにも発生することがあります。

 

もう一つの原因は、疾患によるものです。代表的な疾患は、網膜剥離というのがあります。これは、何らかの原因で、網膜が剥がれてしまうために、その部分が黒く見えるようになってしまうのです。

 

飛蚊症の症状は、黒い点が見えるだけ?

飛蚊症は黒い点が見えるだけではありません。時には、糸くずのように見えるものも発生しますし、また輪のようなものが見えることもあります。また虫のように見えることもあります。

 

またこれらの視界に見える物は、自分の視点を動かした時に、一緒に移動するのが大きな特徴の1つです。なお硝子体や網膜には、痛覚がないので、痛みはありません。

 

症状があれば急いで治療が必要なの?

生理的な加齢による飛蚊症は、段々と症状が出てきますし、急激に悪化することはありません。

 

しかしもしも黒い点が急にふえたり、大きくなるという場合は、注意が必要です。それは網膜の剥がれてきた部分が大きくなっているということを意味しています。

 

網膜が剥がれると、視野の一部分が欠けたり、そのせいで視力が下がることがあります。車の運転が出来なくなる、パソコンで見えない部分が大きくなるといった日常生活に支障が出るまでになると眼科を受診して診察を受けることが大切です。
また飛蚊症に気が付いた時点から定期的に病院を受診して、進行状況を定期的に見てもらっておくと安心です。そうすると自分では気が付かない変化にも早く対処することができますね。

 

しかし網膜剥離になった場合などは、治療が必要となります。その治療は、レーザーを使用したり、硝子体手術をするのです。

 

実際には、網膜剥離の場所や、年齢などを考慮して決められますが、入院治療も必要ですし、入院中は行動制限もあります。そのために出来るだけ早いうちに治療を開始することが大切です。

 

また飛蚊症サプリメントを活用することで、毎日、目をケアすることができます。

 

ルテインサプリ紹介