MENU

失明に至る可能性のある恐ろしい目の病気の加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症

人は歳を取ると身体の各部位に変調をきたしたり、病気になり易くなったりするものです。そんな加齢によって発生率がアップする病気の1つとして、失明に至る可能性のある恐ろしい目の病気の加齢黄斑変性症と言うのがあります。

 

加齢によって、網膜の中心部分である黄斑に障害が生じ、見えにくくなる病気です。本記事では、この加齢黄斑変性症について、原因と予防法や症状や治療法について、その概要を説明します。

 

加齢黄斑変性症の原因と予防法

黄斑と言うのは、光を電気信号に変換する網膜の中心部にある小さな部位で、見つめているポイントの光はここを中心に集まります。

 

この小さな部位である黄斑は、網膜の機能の中心的な役割を担っており、この黄斑に異常が生じると他の網膜部分が正常でも、見えづらくなり視力が大きく低下してしまいます。

 

加齢黄斑変性症の原因は、加齢によって網膜色素の上皮の下に次第に老廃物が蓄積し、それによって直接的または間接的に黄斑部が障害を受ける事によるものです。

 

日本ではこの病気は比較的少なく、まだまだ知られていませんが、欧米では成人の失明原因の第1位で、日本でも超高齢化と生活様式の欧米化で増加しており、失明原因の第4位となっています。50歳以上の中高年者の約1%に兆候が見られ、高齢になるにしたがって患者は増加します。

 

予防法としては喫煙しない、食事は肉よりも魚を多く摂り、また緑黄色野菜を多く摂る事を心がける、さらにビタミンCやビタミンEやβカロチン等を含んだサプリを服用する事で、発生率を下げられる事が知られています。

 

加齢黄斑変性症の症状(見え方)

それでは、加齢黄斑変性症になると見え方はどのように変化するのか、その症状を次に記載します。

 

網膜に腫れが生じたり網膜の下に液体が溜まると、網膜に歪やゆがみが生じ、このゆがんだ網膜で見ると、見たものがゆがんで見えると言う症状になります。
この網膜のゆがみは黄斑部を中心に起こす為、中心部がゆがみ周辺部は正常に見える傾向となります。

 

また黄斑部の網膜に障害が起こる事で、中心部が暗く見えにくくなり視力の低下を招きます。さらに症状が進むと色の判別ができなくなって来ます。

 

加齢黄斑変性症の治療法

加齢黄斑変性症には、詳細は割愛しますが萎縮型と滲出型と言う2種類があり、残念ながら萎縮型には現在も治療法がありませんが、滲出型の方は近年では状況に応じた様々な治療法が確立されていると言うのが現状です。

 

滲出型の治療法としては、薬による治療、光線力学的療法と言われる光感受性物質を点滴した後に、極めて出力の小さな専用のレーザーで、レーザー光を病変に照射する治療法、また滲出型の要因である脈絡膜新生血管と言われる異常な血管が、黄斑の中心から離れた所にあるケースでは強い出力のレーザー光線で病変を凝固したり破壊するレーザー凝固法と言う治療法が取られる事もあります。

 

しかし、いづれの治療法においても、視力を維持し改善する事しかできず、残念ながら完全に正常に戻る事はありません。それだけに、早期に発見し、早期に治療する事がより重要とも言えます。

 

ルテインサプリ紹介