MENU

加齢黄斑変性症で失明しない為には?

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症は、網膜の中心部にある黄斑に障害が生じて物が見えにくくなる病気で、加齢が原因で起こります。

 

欧米では成人が失明する原因の第1位ですが、日本でも失明原因の第4位となっていて、高齢化や生活の欧米化により、近年著しく増加している病気です。また、高齢になるにつれ、増える傾向にあります。

 

加齢黄斑変性症とはどんな病気?

黄斑は網膜の中心にある直径1.5mm〜2mm、厚さ0.2mmという大変小さな部分で、ここで視力を支えているとっても過言ではないくらい、大変視力の良く出る場所です。黄斑以外の部分では十分に良い視力を得る事は出来ません。

 

ですから、この黄斑に障害が起これば、視力は低下します。黄斑はキサントフィルという色素が豊富なことから、黄色をしています。

 

網膜色素上皮は網膜の下にありますが、加齢により網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積します。これにより黄斑部が障害され、加齢黄斑変性症が起こります。

 

加齢黄斑変性症には萎縮型と滲出型の2種類があり、萎縮型は網膜色素上皮が徐々に萎縮していき、徐々に視力が低下します。滲出型は異常な血管が網膜に障害をきたして、視力が低下します。

 

 

加齢黄斑変性症の症状とは?

加齢黄斑変性症の症状には、変視症といって物が歪んで見える事があります。中心部が見えなくなり、視力は低下します。通常は少しづつ視力が低下しますが、網膜下に大きな出血が起こると、急激に視力の低下が起きる場合もあります。

 

滲出型のほうがより重症で、進行も早い場合が多いです。症状が進行すると、色覚異常も起こります。

 

 

加齢黄斑変性症の治療とは?

萎縮型の加齢黄斑変性症の場合、現在のところ有効な治療方法はありません。滲出型には幾つかの治療方法があります。脈絡膜新生血管の拡大を抑え、退縮させるのが主な治療法となりますが、視力が元通りになる可能性はほとんどありません。

 

しかし、低下した視力の維持や改善には有効な場合もあります。

 

まず、VEGF阻害薬を目の中に注射する、薬物療法があります。光感受性物質を点滴し、その後弱いレーザーを照射する光線力学療法もあります。この方法だと治療が一度で終わるとは限りません。

 

黄斑の中心部から離れたところに脈絡膜新生血管がある場合には、強い出力のレーザーで病変を破壊します。しかし、病変が黄斑の中心に及ぶ場合はリスクを伴いますので、この治療法は受けられません。

 

 

加齢黄斑変性症の予防法

栄養の偏りは加齢黄斑変性症にも良くないので、栄養バランスを整える事は重要です。特に、緑黄色野菜は加齢黄斑変性症の発症を抑えると考えられています。肉よりは魚中心の食事の方が発症を抑えられます。

 

食事で栄養を補えない場合は、サプリを飲むのも1つの方法です。ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、亜鉛などは加齢黄斑変性に良いと言われていますが、ほうれん草やブロッコリーに多く含まれるルテインも、特に加齢黄斑変性症には良いと言われている栄養です。

 

紫外線を浴びると増える活性酸素は加齢の原因と考えられています。また、テレビやパソコン、スマホなどの光による刺激は加齢黄斑変性症の原因になり得ると考えられています。

 

紫外線をカットしたり、あまり画面を見過ぎないように目を守るのも予防の1つです。喫煙している人もまた、加齢黄斑変性症になる危険性が高いので、喫煙者は禁煙した方が加齢黄斑変性から目を守る事が出来ます。

 

ルテインサプリ紹介