MENU

加齢黄斑変性症とその対策とは

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症。あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、年齢と共にリスクが高まるものです。一体どのような症状なのかと共に、どうすれば回避出来るのか。

 

もしも患ってしまった時にはどのような対策が必要なのかを見てみるとしましょう。

 

加齢黄斑変性症とは

加齢黄斑変性症とは黄斑が加齢とともに劣化してしまい、視力を低下させてしまう症状です。目が物を見る時、目の中に入って来た光などの情報を目の中で刺激として受け取ります。

 

この刺激を脳に送るために視神経に伝達するのですが網膜の中心部分にあり、大切な役割を果たしているのが黄斑です。黄斑が劣化していくと景色や物など視界が歪み、視野が狭く暗くなります。

 

視力の低下も引き起こすのですが、更に厄介なのは糖尿病網膜症や緑内障と並び、失明を引き超す可能性のある病気だという点です。

 

なぜ加齢黄斑変性症になるのか

なぜ加齢黄斑変性症になるのか。加齢黄斑変性症にも二種類ありますが、それぞれ原因が異なります。滲出型と萎縮型とある加齢黄斑変性症ですが、滲出型の場合、網膜のすぐ下に新しい血管が出来ることによって黄斑にダメージを与えてしまうのです。

 

新しい血管は非常にもろいため、成分が漏れて貯まってしまったり出血が起こりやすいのです。そこから出た血液を含む液体が黄斑にダメージを与えることによって加齢黄斑変性症になります。

 

一方の萎縮型の場合、加齢と共に徐々に徐々に進行します。そのため、気付いたら加齢黄斑変性症となっているのです。滲出型の場合、急に違和感を覚えるのですが萎縮型の場合徐々に進行しますので途中では自覚症状を感じにくいのです。結果、加齢黄斑変性症となってから気付くのです。

 

加齢黄斑変性症の治療方法はないのか

治療方法に関してはどちらのタイプなのかによって異なります。萎縮型の場合、徐々に加齢黄斑変性症が進行するので対策は定期的に検診し異常がないかを調べるだけですが、滲出型の場合は話が別です。

 

この場合、抗VEGF療法というものがあります。新しい血管を鎮静化させる薬を駐車するのです。更には光に反応する薬剤を体内に注射にて投与。これによって新しい血管を破壊するのです。

 

光線力学的療法とも呼ばれていますし、新しい血管をレーザーで焼く光凝固法もあります。このように、治療法は確立されていますし、他にも黄斑へのダメージを食い止める方法は確立されています。

 

つまり、早期に発見出来さえすれば治療後の影響も最小限に食い止められるのです。視界にほとんど影響が及ばないケースもあるので、早期発見が鍵となります。

 

早期発見のためには日ごろからたまにで良いので片目ずつで見てみると良いでしょう。両目ですと案外普通に見えるものですが、片目ですと異常があれば普通には見れません。

 

適度に片目で物を見て、歪んで見えるようであれば何かしらの異常の可能性もあります。目の健康のためには常日頃からバランスの良い食事が求められますので、ライフスタイルから見直してみると良いでしょう。

 

ルテインサプリ紹介