MENU

加齢黄斑変性症を防ぐためには

加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症は徐々に視界が衰えてくる症状です。加齢なので仕方がないと思っている人も多いようですが、自分自身の努力、ひいてはライフスタイルを見直すことで十分に防げる症状でもあるのです。

 

そこで、加齢黄斑変性症を防ぐためにはどのようなことが必要なのかを調べてみました。

 

加齢黄斑変性症を防ぐための食生活

ほうれん草をはじめとする緑黄色野菜にはルテインという成分が含まれているのですが、これが加齢黄斑変性症に大きくかかわっているのではないかとの意見が出ているのです。

 

ルテインと加齢黄斑変性症の直接的な関連性はまだまだ研究段階ではあるものの、今後の研究次第ではさらに両者の関連性が確立されるかもしれません。ルテインは網膜を紫外線や活性酸素から直接保護する働きがあるとも言われており、サプリも多数登場している程。

 

そのため、加齢黄斑変性症にも良いのではないかとも言われているのです。加齢黄斑変性症だけではなく、飛蚊症、緑内障、白内障にも期待出来る成分なのでサプリとしても発売されています。

 

定期的な眼科検診

加齢黄斑変性症は滲出型と萎縮型の二種類あります。双方共に加齢黄斑変性症であることは変わらないのですが、滲出型は様々な治療法が確立されているものの、萎縮型に関しては加齢によって機能が衰えているものなため、自分自身で発見・自覚するのがとても難しいと言われているのです。

 

そこで定期健診です。眼科だけではなく、病院は悪い所が見つかってから足を運ぶものだと思っている人は多いのではないでしょうか。容態が悪くなったら病院に行く。

 

もちろんそのような姿勢は悪いものではないのですが、悪くなってからではなく、悪い所がないのか判断してもらうために病院に足を運ぶことも求められる時代となりました。

 

定期的に検診してもらうことで、前回の検診時との比較が出来ますので、自覚がないとしても年齢と共に加齢黄斑変性症のリスクは高まるものですので、定期的に眼科検診してもらうことも立派な加齢黄斑変性症予防です。

 

太陽の光をブロックする

太陽光の中の青色光。波長が長い光でもあるのですが、この光は加齢黄斑変性症を促進させてしまうと言われているのです。仕事や運動等、外に出る機会が多い人は青色光を浴びる時間が長いとも言えます。

 

帽子、サングラスや日傘といった青色光をブロック出来るアイテムは多々ありますので、それらを活用してみると良いでしょう。太陽の光は植物の精製、更には近年では新しいエネルギー源としても期待されていますが、加齢黄斑変性症を促進させてしまう成分も含まれているのです。気を付けましょう。

 

肥満との関連性

加齢黄斑変性症の患者は欧米にも多いのですが、肥満との関連性があるのではないかとも言われています。肥満になると健康面に様々な弊害が出るのは言うまでもありませんが、動脈硬化のリスクも高まります。

 

結果、網膜への血流悪化に伴い、加齢黄斑変性症を引き起こしているのではないかとの指摘もありますので、肥満にならないようライフスタイルを気を付けることも立派な加齢黄斑変性症対策・予防になります。

 

ルテインサプリ紹介