MENU

ルテインが多く含まれる野菜とベストな摂取方法

ルテインは目を守ってくれる大切な成分です。積極的に摂取して目の健康を守っていきましょう。ルテインは野菜に多く含まれると言いますが、そのような野菜に含まれているのでしょうか?また、ルテインの含まれている野菜を摂取するときに一番良い方法について説明します。

 

ルテインが多く含まれている野菜について

ルテインは野菜に多く含まれています。ルテインは黄色い色素のカロテノイドの一種なため、緑黄色野菜に多く含まれています。ほうれん草、レタス、かぼちゃ、ブロッコリー、とうもろこし、人参などがルテインが多く含まれている代表的な野菜です。

 

ルテインが多く含まれている緑黄色野菜はスーパーに行けば簡単に手に入りますし、一年を通して手軽に入る野菜ばかりです。

 

1日に野菜から摂取すべきルテインの量

厚生労働省からは1日に取るべきルテイン量が発表されています。それを見ると、1日に取るべきルテインの目安は6〜10mgです。

 

例えば、野菜の中で一番ルテインが含まれているのは、ケールで100gに20g程度含まれています。しかし、ケールは簡単にスーパーで手に入れることはできませんし、ケールを料理してもおいしく食べることはむずかしいです。ケールの次にルテインを多く含んでいる野菜がほうれん草です。

 

ほうれん草100gにはルテインは10mgが含まれています。1日で必要なルテインの量を摂取することができます。ほうれん草100gを毎日胡麻和えにして摂取すれば、1日に必要なルテインを野菜からとることは十分可能です。

 

油と一緒に野菜に含まれているルテインを摂取

野菜に含まれているルテインは油と一緒に摂取すれば、吸収率が高くなります。これはルテインの性質が影響しています。ルテインは脂溶性のため油と一緒に野菜を調理すればルテインを効率よく摂取出来ます。

 

ルテインが一番多く含まれている野菜はほうれん草です。ほうれん草のソテーなどで油を使えば効率よくルテインを摂取出来ます。

 

通常であれば1日100gのほうれん草を調理して食べれば十分のルテインを摂取出来ます。

 

しかし、目の疲れを予防して健康な状態にしたいのであれば倍の量を1日に摂取した方が良いと考えられています。そうなるとほうれん草を1日200g摂取する必要があります。毎日ほうれん草ばかり200gも摂取することは、飽きてしまいますし、継続することはなかなか難しいでしょう。

 

野菜だけではない!果物にもルテインが含まれる

野菜に多くルテインが含まれますが、果物にも含まれています。柿、桃、オレンジ、アボカド、ブルーベリー、さくらんぼなどにルテインは含まれていますが、野菜の量と比べるとほんのわずかな量です。

 

ルテインの摂取のために果物を食べるばあい、かなりの量が必要になってしまいます。果物には糖質が多いですし、たくさん食べることでカロリーが高くなってしまいます。ルテインを摂取するのに果物だけを利用するのは効率が悪いでしょう。

 

サプリメントで手軽にルテインを摂取

野菜だけでルテインを摂取することが難しい場合には手軽にルテインを摂取できるサプリメントを利用しましょう。

 

もちろん野菜から十分なルテインを摂取することができればサプリメントを利用することはありません。しかし、毎日野菜から摂取することが難しいこともあるでしょう。外食が続けば野菜からルテインを摂取することが難しくなってしまいます。そんな時にはサポート的にサプリメントを使えば、無理なくルテインを摂取することができます。

 

ドラッグストアに行けばいろいろなルテインの含まれたサプリメントを目にすることができます。インターネットの通販サイトでもルテインのサプリメントはいろいろな物が販売されています。飲みやすくコスパが良いものを選べば継続して利用していくことができるでしょう。

 

ルテインサプリ紹介