MENU

ルテインには副作用はある?

ルテインの副作用

目の健康に大変役立つルテインですが、副作用があるかどうかが気になるところですよね。

 

実は、ルテインには副作用はないと言われています。

 

天然由来のルテインであれば、毎日サプリを続けても、一度に多めに摂取しても、副作用が見られない、安全性に問題はないと言われています。

 

日本の厚生労働省の発表では、1日あたり35mgを1週間摂取し続けても問題ないと言われています。国連食糧農業機関(FAQ)と世界保健機構(WHO)が管轄する、食品添加物専門家会議(JECFA)の発表では、1日あたり2mg/kgまでの摂取量であれば問題ないとしています。

 

したがって、安心して日常的にルテインを食事やサプリで摂ることができます。

 

 

⇒ルテインサプリの選ぶポイントは5つ!

 

ただし、注意!!人工ルテインには重大な副作用がある!

人工ルテインの副作用

ただし、天然由来のサプリではなく、人工的に合成したルテインは副作用があることが報告されています

 

合成ルテインは、石油を原料としています。摂取すると、例えば咳、胸焼け、喘息、目のかゆみ、腫れ、胸焼け、嘔吐などの症状が起こり得ると言われています。発ガン性の危険もあると注意されています。

 

合成ルテインを摂取している人が、飲酒や喫煙習慣のある人が合成ルテインを摂取すると、これらの副作用や肺ガンのリスクが高くなるとされています。

 

ルテインをサプリで摂取するときは、天然から抽出されたルテインを選ぶことをおすすめします。

ルテインサプリの安全に選ぶコツ

ルテインサプリの選び方

ルテインの副作用について、これまで解説してきました。そこで、ルテインを摂取したいという人向けに、どのようなルテインサプリを選ぶのが安全なのか、選ぶコツについてご紹介したいと思います。

 

天然成分か人工成分かを確認しよう!

ルテインサプリを選ぶ際は、そのサプリに含まれている成分が、天然なのか、人工なのかを確認しましょう。しっかりと「天然成分を使っている」ことを明記しているサプリを選ぶことが望ましいです。

 

明記されていない場合は、製造会社の方に電話をしてもいいかもしれません。ですが、しっかりと天然成分だと明記している会社の方が、安全に対する意識が高いので、そのような会社のサプリを選ぶことをおすすめします。

 

例えば、「めなり」というルテインサプリには、その公式サイトにしっかりと、明記されています。

 

めなりの公式サイトより1
↑めなりの公式サイトより

 

 

原材料名を確認しよう!

安全にルテインサプリを選ぶ際には、原材料名を確認しましょう。原材料名は、公式サイトに明記している場合もあります。パッケージの裏には、必ず原材料名が明記されています。

 

原材料名を確認することで、栄養成分と添加物がどれだけ配合されているかが分かります。もちろん、添加物が少なく、栄養成分が多いサプリが、安全性の高いサプリになります。

 

この場合も、しっかりと公式サイトに明記しているルテインサプリの方が信頼性が高くなります。栄養成分とその含有量を書いていないルテインサプリは、信用できません。

 

めなりの公式サイトより2
↑めなりの公式サイトより

 

安全基準をどれくらい満たしているのか確認しよう!

ルテインサプリの公式サイトなんかに書いている、安全基準をどれだけ満たしているのか、証明するものを確認しましょう。例えば、GMP(適正製造規範)を満たしているルテインサプリを選ぶなど、安全基準を満たしているルテインサプリを選ぶのがおすすめです。

 

まとめ

どのようなルテインに副作用があるのか、分かって頂けたと思います。またどのようなルテインサプリを選べば良いのかもわかって頂けたと思います。

 

このサイトでは、ルテインサプリのランキングも紹介しているので、是非、参考にして頂ければと思います。

 

ルテインサプリ紹介