MENU

ブルーベリー、マキベリー、ビルベリーの違いとアントシアニン効果

ブルーベリー-マキベリー-ビルベリーの違い

ドライアイや視力の低下など眼科に行くほどではないものの、何か自宅でこれらの対策を行う事ができればと思う人も多いかと思います。

 

そんな人には、アントシアニンの摂取をお勧めします。

 

目に与えるアントシアニンの効果とは

アントシアニンの効果

アントシアニンの最大の魅力は、抗酸化作用が高いという点です。その為、活性酸素を抑制する効果によって、ダメージを受けやすい細胞膜を守る事ができると言われています。

 

そして、そんな、アントシアニンの効果を高く期待する事ができるのが目です。アントシアニンには、目の健康を守る効果が非常に高いと言われているのです。

 

アントシアニンが目に与える効能は、非常に多く、目に酸素や栄養素を行きわたらせる事ができるほか、網膜内のロドプシンの再合成を促進する効果などがあり、これらの効果によって、眼球疲労の防止や疲れ目の回復など、目に関するあらゆる効果を期待する事ができるようになっています。

 

アントシアニンを含むサプリの購入をお考えの方は、比較表をご覧ください。
⇒アントシアニンを配合したサプリの比較表

 

そして、そんな、アントシアニンを摂取する方法は、以下の食べ物から摂取する事が一般的になっています。

 

ブルーベリー

ブルーベリー
ブルーベリーは、目に食べ物の代表的な存在です。一般のスーパーなどでも、購入しやすく、また、家庭菜園でも育てる事ができやすい植物になっています。

 

手軽に目に良いアントシアニンを摂取するには、一番、手軽な食べ物だと言えるのです。

 

マキベリー

マキベリー
マキベリーとは、究極のアンチエイジングフルーツとも言われている植物で、ブルーベリーを超えるスーパーフルーツとも言われています。その理由は、高い抗酸化作用。

 

マキベリーのポリフェノール含有量は、なんとブルーベリーの14倍とも言われており、その事から、ブルーベリーよりも、抗酸化作用が高く、ポリフェノール含有量が高い事から、目に良い植物だと最近、注目されています。

 

ビルベリー

ビルベリー

ビルベリーは、ブルーベリーと同じ品種でありながらも、含まれるアントシアニンの量は、ブルーベリーの約2〜3倍と言われています。その理由は、野生種か栽培種かの違いにあります。

 

ブルーベリーの場合、栽培種である一方、ビルベリーの場合は、野生種と言う事で、フィンランドなど北欧に自生する品種になっています。

 

そして、そんな、ビルベリーが実を実らせる季節は、北欧では白夜の季節となり、一日中、沈まない太陽の光をたっぷりと浴びる事になる為、紫外線から実を守る力を付け、アントシアニンをたっぷりと蓄える能力を持っているのです。

 

そのため、ブルーベリーに比べ、自然とアントシアニンの量も多くなっていると言えるのです。

 

ブルーベリー、マキベリー、ビルベリーの違い

ブルーベリー、マキベリー、ビルベリーの違い

ブルーベリー、マキベリー、ビルベリーの違いの違いは、以上のように含まれているアントシアニンの量やポリフェノールの含有量の違いがあると言えます。

 

ブルーベリーに比べるとマキベリーもビルベリーも、これらの含有量が非常に高いという事が言え、より効果的に摂取する為には、これらを積極的に選び、摂取するほうが良いという事が言えるのです。

 

まとめ

いかがでしょうか?ブルーベリー、マキベリー、ビルベリーの違いが分かりましたか?

 

もし目の健康のためにサプリを飲むなら、含有量が同じ数値なら、含有している栄養素がブルーベリーよりビルベリー、ビルベリーよりマキベリーを選んだ方が、アントシアニン量が多くなります。

 

当サイトではビルベリーを含んだサプリを紹介しているので、そちらを参考にして下さい。

 

ルテインサプリ紹介