MENU

機能性表示食品、健康食品、栄養機能食品について

機能性表示食品と健康食品と栄養機能食品の違い

健康商品に関しては様々なものが出ているのですが、中でも身体全体のことを考えるとまずは食品から変えていくのが大事とされています。

 

しかしその食品面での健康商品でも、最近では機能性表示食品・健康商品・栄養機能食品などといった表示がしており、若干ですがこの違いが分かりずらいという点があります。

 

今回はこの三つについて主に機能性表示食品の点から説明していきたいと思います。

 

機能性表示食品について

健康商品に関しては特定の成分や審査に合格したものが入っている際に記述できる表示があり、それは具体的に特定保健用食品、栄養機能食品、そして今回紹介する機能性表示食品があります。

 

このうちトクホの名称で有名な特定保健用食品は1991年に制定されており歴史が古いものとなっています。

 

トクホは通常消費者庁の審査が必要となりますが、審査が必要ないものとしては栄養機能食品があり、この二つを合わせて保健機能食品としてまとめられます。

 

一方でこれらのものは審査があったりとハードルが高いものとされていたので、それを解消するために生まれたのが機能性表示食品です。

 

こちらが制定されたのはつい最近のことであり2015年とかなり新しい制度となります。

 

最大の特徴としては消費者庁の審査を受けることをせずに、企業が自らの責任で消費者庁に届け出ることで認可される点であり、消費者庁長官の認可を待たずに表示をすることが可能となっています。

 

当然ですが科学的な根拠を求められた時には表示する義務を負っており、何でもかんでも出せば機能性表示食品として出せるものではありません

 

またこれらの性質から企業は情報を公開する義務を負っており、各種の機能性表示食品はサイトなどでその成分や科学的な根拠などを出しているので、個人が気になったら調べることができるのも嬉しい点ですね。

 

機能性表示食品には主な成分や食品にはどんなものがあるのか?

機能性表示食品

さてこれらの健康商品に表示されるマークは様々なものがありますが、その成分や効果について簡単に説明していきましょう。

 

まずは栄養機能食品ですが、こちらは国の審査を必要としないものなので、ビタミンミネラルなどが入っている際に表示されているものがほとんどです。

 

当然ですが国が定めた基準を守っていることが前提になっているので安心できる表示となっています。

 

またこれに近い表示であるトクホに関しては国の審査を通っているので、血圧・血糖・コレステロールなどさらに良い効果があることが示されているのです。

 

さて肝心の機能性表示食品ですが、こちらも国の審査を受けずにできる表示ですが、この成分の記載対象としては、目・関節・肉体的疲労・精神的ストレス・肝臓・腰・筋肉などがあります。

 

これらの様々な効果がある場合に、求められたら科学的な根拠を示したり情報を企業が自ら掲示する義務を負う代わりに、手間が掛かる審査なしに表示できるというシステムが機能性表示食品となっているのです。

 

最後にちょっとだけ触れておきますが健康食品というのは単なるジャンルの区切りであり、これら科学的な根拠があるとは必ずしも言えないので、その点はしっかりとチェックしておくといいでしょう。

 

ですから健康食品と言われた際にはこれらの保健機能食品や機能性表示食品のマークがあるかどうかをまずチェックするのが安心安全なのでおすすめです。

 

ルテインサプリ紹介