MENU

ブルーベリーサプリとルテインサプリどっちが効果がある?

ブルーベリーサプリとルテインサプリの効果比較

眼にいい効果を持っているサプリとして、ブルーベリーサプリが一番上げられていますが、他にもルテインを利用しているサプリがあります。

 

両方とも眼に効果を持っていることは知られており、改善する効果も比較的高いとされています。なぜ違う名称が使われているのか、それは配合されている成分によって変わるのです。

 

どちらが多いかの違いだけで名称が変わる

ルテインとアントシアニンの割合

配合されている成分によって、実際の名称は変わることになります

 

例えばブルーベリーサプリの場合は、ブルーベリーのエキスを使っていることによって、この名称が使われていることになります。

 

しかし実際には、ルテインなどが配合されていて、他の成分も一緒に加わっています。それなのにブルーベリーとして扱われるのは、一番多く配合されるものが主体となっているからです。

 

ルテインサプリの場合は、基本的にルテインが主体となっていて、それに他の成分が入っています。その為主となるのはルテインであり、これが多く配合されているなら、ルテインのサプリとして表記されることが多いです。

 

ブルーベリーが多ければブルーベリーサプリとなりますので、どちらが多く配合されているかの違いによって、若干変わるものと思ってください。

 

しかし効果は配合されている量や成分によって変わることになりますから、基本的に使われている成分を見て購入することが大事です。

 

サプリの購入を検討の方は、アントシアニンを配合したサプリの比較表を参考にして下さい。
⇒ブルーベリー成分”アントシアニン”を含むサプリの配合量の比較表

 

含有量の数字を見ればどちらが多いかもわかる

含有量の数字

サプリの説明には、配合されている成分の量が記載されています。

 

この量を確認しておけば、これはどちらが主体に配合されていて、名称通りに使われていることがわかるようになります。

 

裏側にある説明を読み、どれくらい配合されているかによって商品を購入する決断をすることも出来ます

 

配合されている量が多くなっていれば、この成分が多いから眼にいいのかなとかんがえられるようになります。

 

ブルーベリーサプリの場合は、ブルーベリーのエキス、特にビルベリーのエキスが多く配合されていて、プラスして少量のルテインなどの成分が配合されています。

 

一方でルテインサプリの場合は、ルテインが多く配合されており、それにブルーベリー系のエキス以外で、眼にいいものが多く使われる傾向があります。裏側を見ることも、選ぶためには必要となっています。

 

成分によって効果が違うことも理解しよう

成分と効果

使われている成分が違うと、当然効果も変わってしまうことに注意してください。ブルーベリーサプリは、ブルーベリーのエキスによって、疲労回復などの効果を期待することが出来ます。

 

目の疲れを感じることが多くなる人や、酷使する傾向にある仕事をしている人は、こうしたものを利用するといいです。

 

一方でルテインは、光によって視界が悪くなるなどの問題を解決することが出来て、スマホやパソコンを利用している人、更に眩しいと感じることが多い人に効果的です。

 

主体となっている成分によっては、感じられる効果も変わってくるのでしっかり見てください。

 

ルテインサプリ紹介